『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

4話 『警備員』VS『クレーマー』

 4話 『警備員』VS『クレーマー』

「俺は、間違っていることを、間違っていると言っただけだ。咎められる理由はない。十進法の加算において、1+1の答えは2だ。特殊な計算式を用いているわけでもないのに、1+1の答えで2以外を叫んでいる者を見かけた時、良識ある大人がするべきことは、その間違いを正してやることだと私は考える」

 スールの主張をトイメンで聞いている聖典教の教徒兼警備員のパンサクは、
 頭を抱えて、深くため息をつき、

「聖誕祭だぞ……いつもの閃光礼典とは違い……いや、礼典でも、もちろんダメなんだが……しかし、年に一度の生誕祭で……それも、パメラノ猊下のスピーチにヤジをいれるとは……はぁ……ほんと、頭おかしい……」

 心底呆れかえったといった顔。

 『リフレクションのメンバーが、聖典教の礼典でヤジを飛ばす』というのは、
 『年2・3回程度の割合』で、ちょこちょこと起こる小問題。
  ※ ヤジとはいっても『殺す』だの『死ね』だのといった、
    無意味な罵詈雑言を飛ばすのではなく、
    クールに、理路整然と、
   『その意見はおかしい、なぜならば~』
    と、自分の意見を主張する感じである。
    反聖典のメンバーにとっては大事な『啓蒙(けいもう)活動』だが、
    聖典教の信徒からすれば、
    メチャメチャ鬱陶しい『クレーマー』でしかない。

 これまでのヤジも、いろいろと『問題視』されていたが、
 自由意志を主張しているだけなので、
 鎮圧や逮捕などに至ることはなかった。

 ――が、今回のような『聖誕祭』という、
 だいぶデカ目の規模で行われる神事で、
 しかも、天上の中でも古参であり上位勢である、
 『パメラノ猊下』のスピーチにヤジを飛ばしたという大問題は、
 さすがに看過できるものではなく、

「わかっているのか、貴様……コトは、もはや、冗談ではすまされないぞ」

「冗談? パメラノ猊下に正面から異を唱えたことが冗談? あんた、本気で言っているのか?」

「……そう……冗談じゃないんだよなぁ、こいつらは……しっかりと頭が狂っているからこそ問題なんだ」

「俺から言わせてもらえれば、狂っているのはあんたらの方だ。センエースの誕生を祝う式典? アホか、ボケ。どこまでもふざけた事しやがって……つぅか、聞きたいんだけど、あんたは、本気で、センエースなんていう『世の摂理をナメ腐った偶像』を信じているのか?」

「主はおられる。もちろん、会ったことはないが、この世界が存続しているという事実が、主の実在を如実に――」

「世界を守ったのはゼノリカだ。センエースなどという子供だましの偶像なんかじゃない。そんな安っぽい偶像に置換しちゃいけないんだ。とんでもない地獄に向き合ってきた天上の方々の功績を穢すことは許され――」

「ああ、ああ! いい、いい! あんたら反聖典の主張に興味はない! あんたらが主を信じないのは自由だ。不快だが、咎めることはできない。自由意志は、法で認められている権利だからな! しかし、忘れるな! それはこちらも同じだということを! 主を信じない自由と同じで、主を信じる自由も、また、この世界では認められているということを!!」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く