『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

36話 過去と未来を繋ぐ、たった一つの希望。

 36話 過去と未来を繋ぐ、たった一つの希望。

「どこまでも光を求めてさまよう旅人。ここは幾億の夜を越えて辿り着いた場所。さあ、詠おう。詠おうじゃないか。喝采はいらない。賛美も不要。俺は、ただ、絶望を裂く一振りの剣であればいい」


「……なんのポエムだ?」


 ザコーが、最大級に警戒しながら声をかけると、
 ルースは、右手を天に掲げた。

 その奇妙な動きをうけて、ザコーは、

「っ?!」

 当然、腰を落として、いつでも動けるように関節を調律する。

 そんなザコーの視線の先で、
 ルースが、



「――ヒーロー見参――」



 その言葉を口にすると、
 ルースの手の中に、
 とてつもなく深い光が収束していく。
 そのまばゆい光は、おだやかに、静かに、優しく、結晶化していく。

 ピンポン玉サイズの輝く玉になった光。
 ルースは、それを、ザコーに差し出しながら、



「受けとれ、ザコー。『ヒント2』だ」



「ヒント2……ねぇ」

 つぶやきつつ、舌打ちを挟んでから、

「お前、あの『ナイア』とかいう壊れたガキの知り合いか?」

「少し違う」

「……ああ、そう」

 そう言いながら、
 ザコーは、警戒心をMAXにしたまま、
 しかし、ゆっくりと、ルースのもとに近づき、

「お前は誰だ?」

「想いの結晶。不完全な虚構。過去と未来を繋ぐ、たった一つの希望。最後の砦。英雄を愛した影」

「すさまじく抽象的だな。まさか、それで理解できるとは思っていないよな?」

 そんなザコーの疑問を置き去りにして、
 ルースは、光のピンポン球を、さらにズイっと差し出して、

「受け取れ、ザコー。『ヒント2』だ」

「そして、無限ループか。こわいねぇ」

 戯言を口にするザコーに、
 ルースは、感情の向こう側にある表情で、
 どこか神妙に、

「俺にできるのはここまでなんだ。さっさと受け取ってくれ」

 冗談のテンションではなかった。
 重たいシリアスのまま、
 まっすぐにザコーの目を見るルース。

 当然、ザコーは、

「……一から十まで、意味が、さっぱりわからねぇ……」

 あたりまえの疑問を口にする。
 まっとうな疑問の中で、わずかに迷いながら、
 しかし、ザコーは、

「わからねぇが……」

 ルースの瞳から『強い想い』を感じ取ってしまったため、

「……まあ、いいか。迷ってばっかりじゃ、一歩も前にすすめねぇ。現状維持は、俺が望む場所から最も遠い怠惰」

 そう言いながら、
 ザコーは、
 ルースから、光の球を受け取った。

 すると、

「っっ?!! ぐぅう……っ!!!」

 頭の中に、多くの『シーン』が映し出される。
 不鮮明で、けれど『輪郭だけはハッキリしている奇妙な映像』が、
 ザコーの脳裏を、縦横無尽に駆け抜ける。

「これは……記憶……? なんの……誰の……」

 視点が不安定で、
 ところどころ、モザイクのような霞がかかっていて、

「カドヒト……イッツガイ……」

 ふいに、頭の中で、そんな名前が浮かんだ。

 門(かど)
  人(ひと)
   壱(いつ)
    番(つがい)

「……反……聖典……」

 概念と想いが流れこんでくる。

「……バンプティ……」

 また、誰かの名前が浮かぶ。

 ゼノリカの天上九華十傑の第十席序列二位『バンプティ』。

 理解はできない。
 何もわからない。

 ただ、妙に厚みのある輪郭だけが、
 ザコーの脳内を埋め尽くす。

「これは、記憶ではなく……『今の投射』……いや、今の投射でありながら……記憶でもある記録……なんだ、これ……どういう……」

 ザコーの疑問に、
 ルースが答える。

「理解は必要ない。お前はただの座標」

「……わけ……わかんねぇ……どうしたいんだよ……なにをさせたい……」

「いつか、全部わかるよ。きっと」

「……ぁ……」

 そこで、ザコーの意識は飛んだ。

 無意識の中で、けれど、視覚情報だけは、つらつらと流れていく。
 あまりにも奇妙な体験。

 ゆっくりと、
 ゆらゆらと、

 前提が整っていく。



『いや、センエースって、お前らが言うようなヤツじゃないから。ただのクソボッチだから。イカれた欲望に溺れまくっているだけのド変態だから。過剰に崇めるの、マジでやめろ。気持ち悪い! みろ、この鳥肌を! これ以上、俺の交感神経に嫌がらせをするのはやめろ! 俺が、かわいそうだろう! このバカどもがぁ!』



 頭の中をスルスルと流れていく言葉。
 その言葉に対して感じる、奇妙なほどの暖かさ。

 ザコーは、無意識の中で、


「……たった一つの希望……最後の砦……」


 ボソっと、そうつぶやいた。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く