『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

35話 地図が示す場所に向かうザコー。

 35話 地図が示す場所に向かうザコー。

「力をつける前に、どうにかして殺しておかなければいけなかった……なのに……ぐっ」

 アギトは、グっと奥歯をかみしめ、
 父であるテラの顔を思い出し、

「くだらない見栄を張っている場合ではないのに……いや、ロコに対するアレは、見栄ではなく『情』か。……なんにせよ、父は、現状が理解できていない。いや、理解はできているのだ。父は『愚か』だが『バカ』ではない」

 『人としての愚かさ』と『頭の悪さ』は、
 字面上は、同じ概念に見えるが、
 現実に当てはめた場合、器が異なる。

 相対性理論を唱えられるほどの頭脳を持つ者でも浮気はする。
 賢さで愚かさは殺せない。

「父は、理解していながら、ロコを放置している。その理由は単純明快。甘さの奥にある『自身にたいする絶対的な自信』がゆえ。過剰な自信のせいで、脅威に対しても品格を持とうとしてしまう。愚かな話だ。この愚かさは、人の弱さの象徴だ」

 ボロクソに父をけなしているが、
 しかし、アギトにもそういう面はある。

 誰にだってある、人間の奇妙さ。

「900億の損失は……私が痛手を被るという以上に、あいつらの力が増すというのが問題なのだ。金は実弾だ。金だけあっても意味はないが、使い方を知っている者の手に渡ると、金はとたんに、最大の凶器となる」

 ギリギリと奥歯を強くかみしめ、

「……くそったれが……」



 ★



 アギトのもとを去ったザコーは、
 その足で、地図が示す場所へと向かった。

 その場所は、エリアBのはずれ。
 高い丘に囲まれた荒野。
 赤茶色の土が広がっていて、
 ところどころ、申し訳程度に緑が生えている場所。

「……何もないな……」

 『地図を頼りにたどり着いた』――はいいものの、
 しかし、特に何も見当たらない。

「かつがれたか? ……いや、でも、そんな感じでもなかったし……」

 などと思っていると、
 そこで、
 背後から、





「悪鬼羅刹は表裏一体」





 声が聞こえて、
 ザコーは振り返った。

(?! な、なんだ? 人が近づく気配など、まったくなかったぞ……っ)

 ザコーは、裏社会で生きるカリスマ。
 当たり前の毎日がユニークな戦場という悪の修羅。
 ゆえに、どんな時でも警戒心は怠らない。
 ――だが、そんなザコーの警戒網に、
 『ザコーの背後をとった彼』は一ミリもひっかからなかった。



「俺は独り、無限地獄に立ち尽くす」



 現れたのは、一人の男。
 その男の顔には見覚えがあった。

(……あいつ……確か、試験の時に見た顔……)

 二人組で試験に挑戦していた受験生。
 名前はルースだが、ザコーは、彼の名など知らない。

 ただ、試験で互いをチラ見しただけの関係。
 なんのつながりもない相手。
 『相手にするまでもないカス』と決めつけて、
 だから、当たり前のように見過ごした弱者。

(どういう……まさか、試験の時から、俺をつけていた? いや、さすがに、それで気づかないわけ……)

 ザコーが混乱している間も、
 ルースは、奇妙な詠唱を続けている。

「どこまでも光を求めてさまよう旅人。ここは幾億(いくおく)の夜を越えて辿り着いた場所。さあ、詠おう。詠おうじゃないか。喝采はいらない。賛美も不要。俺は、ただ、絶望を裂く一振りの剣であればいい」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く