『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

33話 『ゴキのザコー』VS『全宮アギト』

 33話 『ゴキのザコー』VS『全宮アギト』

「……ゴキの『リーダー』&『ナンバースリー』の二人がかりで、五歳の幼女一人殺せないとはな」

「ヤマトが寝返ったから、正確には『俺一人』で『ヤマト&ロコ』に挑んだ形だがな」

「貴様は、コスモゾーン・レリックを持っているだろう。相手が人間ならば、2人いようが、1000人いようが、関係なく殺せたはずだ」

「ヤマトやロコの領域に至っている連中×1000となれば、さすがにイグでも対処しきれないんじゃないか?」



「……おい、ごら……なんだ、さっきから、貴様の、そのナメた態度は……」



「は? 俺はいつもこんなんだろうが」

「いつもとは状況が違うだろうがっ!」

 テーブルをガンと殴りつけるアギト。
 高位の魔法が込められたテーブルでなかったら爆散していただろう。

 今のアギトは腹芸をスッカリ忘れている。
 『あふれる怒り』を一切隠すことなく、
 全身全霊のむき出しで、

「いつもの貴様は、常に、完璧に仕事をこなしてきた! だからこそ、無礼な態度にも目をつむってやった! しかし、今の貴様は『何一つ成果をなせなかったクソ失態野郎』だろうがぁ! 偉そうな態度をとれる立場か、あぁん?!」

「落ち着けよ、アギト様。ことは全てエレガントに運ぼうぜ」

 言いながら、ザコーは、

「あー、あー、せっかくの紅茶がこぼれたじゃねぇか」

 テーブルの上にあるカップを手に取って、
 紅茶を口に運ぶ。

「さすが、いい葉を使っているじゃないか……まあ、俺に『葉っぱの善し悪し』なんか、毛ほどもわからないから、ぶっちぎりでテキトーだが」

 あまりにも飄々とした態度に、
 毒気を抜かれたアギトは、
 ソファーに全体重を預けて、

「……話の途中だったな……ザコー、どうして、ロコを殺せなかった? イグを持っている貴様なら、ヤマトとロコの二人が相手だったとしても問題なく殺せたはずだ」

「んー」

「なんだ? さっさと答えろ」

「あんまり言いたくないが……ロコの毒が想定以上に強力だったから……」

「……は?」

「いや、ほら、ロコの毒系魔法って『世界一』って評判だろ? どれほどのものか、ためしてみたくなってな。殺してしまったら、もう二度と見られないと思って、ためしに受けてみたら……ははは、普通に動けなくなってな。『俺ならいけんだろ』という見立てはあまりにも甘すぎた。ロコが時限式で解毒できる仕様にしてくれていなかったら、マジで死ぬところだった。ガチで、危なかったよ。はっはっは」

「……」

「笑ってくれよ。真顔で聞かれるとつらいじゃねぇか」

 アギトは、

「はぁぁ……」

 と、呆れと怒りがないまぜになった深いタメ息をついてから、

「それで……この失態、どう始末をつけるつもりだ?」

 そう問いかけると、
 ザコーは、ケロっとした顔で、

「ん? 俺はもう手をひかせてもらう。ルルと敵対したくはねぇ」

「……」

「そんな顔するなよ、アギト様。つぅか、幼女一人に目くじらたてんな、みっともねぇ」

「もう一度だけ言おう……貴様、自分の立場が分かっていないのか?」

「失敗したってことなら、十分にわかっているさ。裏の方じゃ、噂はすでに流れている。ヤマトが抜け、ザコーもミスを犯した。ゴキのブランドは失墜。散々だ」

 そこで、ザコーは、アギトをにらみつけ、

「……ロコの暗殺なんていう『クソみたいな仕事』を押し付けられさえしなければ……こんなことにはならなかった……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く