『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

32話 一か所だけバツ印が書かれている地図。

 32話 一か所だけバツ印が書かれている地図。

「お前の望みは間違いなく叶う。それはもう『決まっていること』なんだ」

 などと、また意味の分からないことを言ってくる。

 意味は理解できないが、
 しかし、仮に、ナイアの言葉が事実だと仮定した場合、

「ぉ、お前は……なんだ……なんなんだ……?」

 心がザワっとした。
 理解できない何かを見る目。

 敬意とか畏怖とか、そういう画一的な感情の向こう側。
 得体のしれない歪みそのもの――そんな感じがした。

 そんなザコーに対し、
 ナイアは、目を輝かせて、

「よくぞ聞いてくれたね! 我こそは千なる無――っとっとっと……聞かれたら、つい答えそうになっちゃうねぇ。悪いクセだ」

 などと言いつつ、

「悪いが、お前には、俺の名乗りを聞く資格がない」

 そう言い捨ててから、

「本題に戻ろう。ヤマトがいなければ、探索が困難になるのは事実。というか、自力では不可能。『エイボンの書』を探し出すには『領域外の手掛かり』が必須。というわけで、これをくれてやる」

 ナイアが指を鳴らすと、
 ザコーの目の前に、
 『一か所だけバツ印が書かれている地図』が出現した。

「そこを探してみるといい。――そこにエイボンの書があるってワケじゃないけど、ヒントはそこにある」

「……な、なにがヒントだ……おちょくりやがって……てめぇが、本当にエイボンの書の在りかを知っているのなら、その場所を、そのまま教えてみやがれってんだ、クソったれが……」

「残念ながら、それは出来ない。まだその時期じゃない」

「……はぁ……時期じゃない? わけがわからん……」

「お前にはお前の仕事があるが、まだそのターンじゃない……って感じかな。まあ、とにかく、ヒントはやったんだから、ヤマトの豪運に頼るのはやめて、全力で追いかけてみろ。『決死の努力』が前提ではあるが、しかし、そのヒントを追い続ければ、確実に、ゴールまでたどり着ける」

「……」

「じゃあな、ザコー」

「マジで、あんたは……何者だ……? どういう存在なんだ……?」

 どうしても尋ねずにはいられない質問。
 その問いに対するナイアの答えは決まっている。
 『お前には俺の名乗りを受ける資格がない』

 ――だが、同じ返答を並べるのも芸がないと思い、
 だからこそ、

「まれによくいる、ちょっとシャイな5歳児さ」

 最後にそう言い捨てると、
 ゲンは、そのまま10階に降りてしまった。



 ★



 試験の結果は言うまでもなく、
 ゲン・ロコ・ヤマトの三人だけが合格し、
 あとは全員不合格。

 時間内に10階までたどり着いた者は三人。
 ザコーを除くほかの受験生は、時間内に五階にたどり着くことさえできなかった。
 稀に見る難易度の高い試験だった。


 ――入学が決まったことで、
 正式に、ロコは、ルルの支配下におさまり、
 全宮家の人間であっても、そう簡単には手出しができなくなった。

 そうなる前に手を打たなければいけなかったのだが、時すでにお寿司。



「……ゴキの『リーダー』&『ナンバースリー』の二人がかりで、五歳の幼女一人殺せないとはな」



 全宮アギトの邸宅で、
 テーブルをはさんでソファーに座り、向かい合っているアギトとザコーの二人。

 怒りに震えているアギトから、
 容赦のない小言を言われたザコーは、

「ヤマトが寝返ったから、正確には『俺一人』で『ヤマト&ロコ』に挑んだ形だがな」

 シレっと、そう言い返した。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く