『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

29話 降参。

 29話 降参。

「な……なんだ、お前……イグをしりぞけるなど……そんなこと、クツグア(完全院リライトのコスモゾーン・レリック)だって、できるわけ……」

 震えているザコーに、
 ナイアは、

「クツグア程度のカスと俺を一緒にするなよ、ヘコむだろうが。お前、その辺のアリと一緒にされてうれしいか? 常識でモノを考えろよ」

「……」

 『非常識の塊みたいなヤツが常識を語るんじゃねぇ』
 とでも言いたげな顔をしているザコー。

 そんな彼に、

「さて、時間もないから単刀直入に言おうか。罪帝ヒミコ――『ヤマト』のことは諦めろ。あいつは、すでに、ゲンの女だ」

 そう言ってから、『んん』とノドの調子を整えて、

「……この言い方はちょっと語弊があるが、まあ、でも、結果的には変わらない。あの女は、ゲンの物語を面白くするためのパーツ。もはや、何があろうと、それが覆ることはない。ヤマトが、お前の『希望』だった時代は完全に終了した」

「……っ」

「というわけで、ヤマトのことは完全にあきらめろ。女のしりを追いかけるような、みっともないマネはお前らしくないぞ、ザコー」

 などとナメたことを言ってくるナイアに、
 ザコーは震えながらも、

「あの変態に女としてのアレコレなんざ、一ミリたりとも求めてねぇよ」

 矜持を持って対峙する。
 それは勇気ではなくプライド。
 ヤマトほどではないが、
 ザコーにも、悪のカリスマとしての意地がある。

「……ヤマトは必要だ。俺の武器になれる存在は貴重。そう簡単に失うわけにはいかねぇ。これから起こす予定の『祭り』で、あいつは絶対のマストで必要不可欠。だから……」

「だから? 俺に歯向かってでも取り戻す?」

 ニタァっと黒く微笑んで、

「できるかなぁ?」

 ねっとりとした殺気を向けた。
 ほんの少しだけアクセルを踏んだ。
 きわめて繊細に、本当に、ほんの少ぉぉしだけ。

 それだけでも世界が軋んだ。
 キリキリと、ジットリと、ぐにゅぐにゃと、
 あまりにも表現が難しい、湿度の高い粘滞性の軋み。

 その狂気は、徹底的にコントロールされており、
 現状、この異質を感知できている者は、この世でザコーただ一人。

 ナイアは、『その事実に対する理解』をも、
 『ザコーを苛(さいな)む圧』に追加しておいた。

 理解を強制してくる分厚い圧力。

 そんな『あまりにも異質な圧力』を受けて、
 ザコーは、

「……っっ……!!」

 一瞬で大量の脂汗に包まれた。
 芯の奥から湧き上がる『分かりやすい慟哭』が、
 複雑な感情を、たやすく追い越していく。
 だから、当然、

「……こ、こ、こ、降参だ! 歯向かわない! 絶対に歯向かわないから! その殺気をやめてくれ! それだけで死にそうだ!」

 『このまま枯れてしまうのではないか』、
 と不安になるほど『膨大な量の脂汗』を流しながら、
 ザコーは死に物狂いで命乞いをする。

「止めろって、マジで! マジで死にそうだ! つぅか、自殺してしまいそうだ! たのむ! お願いしますっっ!」

 全体的な口調こそ、まだまだ雑だが、
 こころは完全に折れており、
 その証拠が、最後の悲痛な懇願であった。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く