『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

超常のイグ。

 超常のイグ。

「なんだ、その目は。この私を前にしていながら、貴様の、その殺気はどうしたことだ?」

 イグは、ゲンに対し、本気の『不思議そうな表情』でそう言った。
 決して不快に思っているわけではなく、
 純粋な疑問に包まれている顔。

 イグは、面白がるような態度で、

「貴様はヤマトとロコの下男だろう? ということは、当然、この二人の実力を知っているはず」

 穏やかな態度。
 悪意でも敵意でも害意でもなく、
 純粋な質問者の態度で、

「私は、貴様の主人2人を瞬く間に倒してみせた。自分で言うのもなんだが、私は、遥かなる高みに在る超常の存在。人の身では決して並ぶことの出来ない神の領域にある者。そんな私を前にして、なぜ、それほどの純然たる殺気をたもてる?」

 イグの問いに対し、
 ゲンは迷うことなく、

「たぶん、バカだから」

 そう言い切ると、
 ゲンは全身にオーラを充満させる。

 ゲンの返答を受けたイグは、フラットな表情で、

「この私が、『愚かさ』と『勇気』をはき違えるほど無能に見えるか?」

 たんたんと、

「貴様の殺気からは強固な覚悟がうかがえる。『死んでも私に抗ってみせる』という鋼の意思。並大抵の情動ではない。おそらく、そこらの人間とは『根本にあるエンジン』の質が違うのだろう」

 ゲンというガキに対して『ハッキリとした興味』がわいたらしく、
 イグは、抹殺対象であるはずのロコに『シカトの背中』をつきつけて、
 ゲンただ一人と真っ向から対峙する。

「貴様の核が見てみたくなった。契約外だが、特別に相手をしてやろう」

 そう言って、まっとうな武を構えた。

 スキのカケラも見当たらない、
 長久の研鑽を感じさせる、
 完成された武の立体感。

 ソレを肌で感じたゲンは、

「……間違いなく、これまでに会ってきた誰よりも……ぶっちぎりで強いな……」

 ボソっとそう言いながら、
 右手に魔力をギュンギュンとブチこんでいく。

 まだ武を交わし合ったわけでもないのに、
 構えを見ただけで、
 ゲンは、イグの底深さを理解した。

 気を抜けば一瞬で飲み込まれてしまいそうな高次の圧力。
 人の領域にとどまらない、奇怪さの真髄。

「次元の違う強さ……アギトやテラからも相当の圧力を感じたが……そんなもんじゃない。生命としての格が違う……感じる圧は、数十倍単位……」

 ぼそぼそとそうつぶやくゲンに、

「ふふ……存在値の数字だけで言えば、倍が精々だがね」

 イグは、サラっとそう答えてから、

「もっとも、仮に『存在値1000クラス』と『存在値500クラス×10人』が闘った場合、後者の中に『よほどの極まった可能性を有する英傑』でもいない限り、ほぼ確実に前者が勝つが」

「へぇ、そうなのか……勉強になるね」

 などと言いながら、
 ゲンは、ゆっくりと、
 イグの目の前まで歩き、

 スゥと深呼吸をしてから、

「ここは間違ってほしくないところだから、最初にちゃんと言っておく。俺は、あんたに勝てるなんて、1ミリたりとも思っちゃいない。何か『とっておきの隠し玉がある』とか『援軍が控えていて時間稼ぎをするつもりだ』とか……そういうのでもない」


 ※ 一度、メメント・モリを使い、ナイアと同期し、
   記憶調整がほどこされたことで、
   ゲンの記憶から『メメント・モリ』に関する記憶は消えている。
   


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く