『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

21話 本気のシグナル。

 21話 本気のシグナル。

「私は、神様に遭ったんだよ。すごかったよぉ。ランク2000とか、3000とかの魔法をバンバン使ってきてねぇ。存在値にいたっては『170兆』もあったんだ。すごいよねぇ、神様って。で、私は、そんな神様に仕事を依頼されちゃってねぇ。だから、さすがに、これまでのように、気高く自由なままってわけにはいられないんだよねぇ」

「……」

 ザコーの眉間のシワがどんどん濃くなっていく。

(これは……ギャグを言っている顔じゃねぇ……いつものような『意味のない妄言』を垂れているんじゃねぇ……)

 ヤマトは間違いなく『イカれている』が、
 しかし、『ザコーが真摯な対応をしたとき』に、
 『ナメた嘘で返す』ほど空気が読めないわけではない。

 むしろ、その逆で『どうでもいいとき』は『誰よりも壊れている』が、
 『大事な場面』では『誰よりもマジメだったりする』のがヤマトという人間。

 それを知っているからこそ、
 余計に、ザコーは混乱する。

(おい、マジか、こいつ……まさか、薬でもやってんのか?)

 ヤマトが壊れているのは知っているが、
 『そっち系』の壊れ方をする人間ではないと思っていた。

 ――『思っていた』というか、事実そうで、
 ヤマトは、薬物に溺れるような『吐くほどダサい壊れ方』はしない。
 その『尋常ならざるみっともなさ』は、
 彼女の内で燃える『鋼のプライド』が絶対に許さない。

 だが、現状、

(いや、ヤマトのことだから、さすがに、薬はやっていないと思うが……しかし、ならば、この歪んだ壊れ方はどういうことだ……)

 ヤマトは間違いなく完全にイカれているし、
 シュールレアリズム&アバンギャルドが過ぎる『ワケわからんところ』が多いものの、
 いつだって、クールで、知的で、シニカルで、
 そして、惚れ惚れするほどアーティスティックなリアリストだった。

「……ヤマト……」

 ザコーは、本気の心配そうな顔で、

「何があった? 何をされた? それは、SOSのサインか? それとも、何か別のシグナルか?」

 慎重に言葉を選びながら、

「お前を完全に理解してやれないことを、心の底から歯がゆく思う。だが、他者の完全理解なんざ、どこまで言っても不可能な領域。だから……悪いが、もう少し噛み砕いて『お前のシグナル』を発してくれ。……俺はお前にどうすればいい?」

 とことん真摯な態度でそう言うザコーに、
 ヤマトは、

「ごめんね、ザコーくん。私が見たモノは、きっと、どれだけの言葉を使っても伝えることは出来ない。私は、自分のことを『そこそこ賢い』と思っているのだけれど、でも、『そこそこ賢い』という程度で表現できるほど、あの超常の次元は低くないんだぁ」

(……わからねぇ。こいつのことが、ここまで理解できないのは初めてだ……)

 これまでだって、ヤマトを完全に理解できたことなど一度もない。
 しかし、同時に、ここまでの『完全なる不理解』に至ったことだって、
 これまでは、一度もなかった。

「……けど、となれば……」

 そこで、ザコーは、覚悟を決めた。
 すぐに自分を整えることが出来る。
 それが、ザコーの強みの一つ。
 『狂気集団の頭を張っている』という経歴は伊達じゃない。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く