『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

20話 ヤマトとザコーの本気の対話。

 20話 ヤマトとザコーの本気の対話。

「ぶっちゃけ、ロコの事は心底マジでどうでもいい。そのガキが生きようが死のうが知ったことじゃないし、アギトの要請を完遂できるかどうかも、本音の部分じゃ、どうでもいい」

 たんたんと、しかし、力強さを感じる声音で、
 ザコーは、

「俺にとっての、一番の『最悪』は、『五大家の御家騒動に巻き込まれてゴキが損害をこうむること』。それだけが俺にとっての大問題。それだけは絶対にあっちゃならねぇ……つぅか、冗談じゃねぇ、メンツは大事だが、『本当に大事なこと』は『なんのためにメンツを守るか』――だろ?」

 ハッキリと、自分の意見を前提にして、

「というわけで、全宮ロコの暗殺は失敗でいい。そして、その責任は俺がとろう。お前のケツは俺が拭いてやる。これまでずっとそうだったように、お前は、何モノにも縛られずに、気高く自由なままでいい。俺はリーダーとして、その生き様を許容する。お前の全部を、俺は、いつだって許し続ける。――だから、戻ってこい。お前の居場所は俺の隣だ。お前が戻るのなら、俺は、もう、それでいい」

 真摯に、まっすぐに、
 自分の感情と想いをぶつけてきたザコーに、
 ヤマトは、『普通』に申し訳ない気持ちになりながら、

「……あー、ごめんねぇ、ザコーくん。ほんと、非常に申し訳ないのだけれど、私は、もう、そっちには戻れないんだよねぇ」

 『ザコーを突き放す気』は微塵もないのだが、
 しかし、今のヤマトには、
 『そうせざるをえない理由』がある。

 ゆえに、

「試験が始まる前にも言ったけど、私は、別に、ゴキを辞めたくて辞めたわけじゃないからさぁ。ゴキに対する不満とかは、ほんとに一切ないし、ザコーくんのことも、別に嫌いじゃないんだよねぇ。いろいろよくしてくれて、居心地はすごくよかった。正直、感謝しているんだよぉ。その辺のことは、ちゃんと理解しておいてもらいたいねぇ」

「ならば、余計に、お前の脱退を認めることはできないな。というより、認める理由がなさすぎる」

 組織の長として当たり前のことを口にしつつ、

「つぅか、マジで、なんでそんなに『異常なまでに頑な』なんだ? 理由がどうであれ、結局つれて帰るから、その真意を暴く意味なんざないんだが……ここまで強固な意志を見せられると、さすがに、気になってきたぞ」

 そう前を置いてから、

「答えろ、ヤマト。何があった?」

 ギンと鋭い視線でそう問いかけてきた。

 ヤマトは二秒ほど考えてから、

「まあ、端的に言うと、『神様』に『遭った』からだねぇ」

「……ん?」

 眉間にシワが寄るザコー。
 全力で『理解しよう』としてみたが、
 しかし、当然、まったく1ミリも理解できず、

「……なに言ってんだ?」

 というポカンとした反応になる。
 そんなザコーに、ヤマトは続けて、

「だから、私は、神様に遭ったんだよ。すごかったよぉ。ランク2000とか、3000とかの魔法をバンバン使ってきてねぇ。宇宙がその場で無数に生成されて、それらが流星群になったり、クルクルと虹のワッカを描いたりしてねぇ。存在値にいたっては『170兆』もあったんだ。すごいよねぇ、神様って。で、私は、そんな神様に仕事を依頼されちゃってねぇ。だから、さすがに、これまでのように、気高く自由なままってわけにはいられないんだよねぇ」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く