『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

話し合いの時間。

 話し合いの時間。

「あぁ……ここ数時間の記憶がない! 綺麗さっぱり消えてしまった! ここは誰?! 俺はどこ?! ザコーさん、俺は、あなたと何かをしゃべっていましたか? あー、記憶がない。なにも覚えていなーい。だから、口封じに殺される理由はなにもなーい!」

 まっすぐの、純粋な目を向けるボーレ。
 くりくりとした瞳で、『何も聞いていないアピール』をかますボーレを見て、
 『ちょっと面白い』と思ったザコーは、

「全宮ロコの暗殺依頼を出したのは全宮家次期当主の全宮アギト――」

 ためしに続けようとしたが、

「頭が! 割れそうに痛い!」

 ボーレは、声のボリュームをさらに増して、狂ったように頭を振り回す。

「あぁ……ここ数時間の記憶がない! 綺麗さっぱり消えてしまった! ここは誰?! 俺はどこ?! ザコーさん、俺は、あなたと何かをしゃべっていましたか?!」

「無限ループか……こわいな」

 くくっと、少しだけ、おかしそうに笑ってから、

「安心しろよ。俺はお前に何もしゃべっちゃいないさ」

「ですよねぇ」

 そう言って、コホンとセキをしてから、

「おしゃべりはこの辺で終わりにしましょうか。それでは、どうぞ、お通りください。あなたは、もちろん合格でございます。――念をおさせていただきますが、俺はあなたから何も聞いておりません。だから安心安全。口封じなどする必要はなし。それをお忘れなく」

「心配するな。俺は『間違いなくイカれている』が、お前みたいなカスを殺して喜ぶほど『みっともなくイカれている』わけじゃねぇ。あの『変態野郎(ヤマト)』ほどじゃないが、俺にもプライドみたいなものはある。ちっぽけで、薄汚れちゃいるが『絶対になくさないと決めたもの』……だから、俺はいつだってクールであり続ける。ここでお前を殺すような無様は、死んでもさらさねぇ」

「非常に助かります」

 そう言って深々と頭を下げている間に、
 ザコーは、ボーレの横を通り抜けて、
 さっさと、6階へと降りていった。


 ザコーの足音が聞こえなくなったタイミングで、
 ボーレは、

「ふぅ」

 と、天を仰いで、ため息をついてから、

「……もし、あの女とザコーの両方が、Sクラスに在籍するようになったら……俺、この学校、やめよう……」

 ボソっとそうつぶやいた。



 ★



 それからさらに3時間が経過したところで、
 ゲンたち一行は、ついに、ゴール目前である9階層にたどり着いた。

「だいぶ時間がかかったわね」

 ロコが額の汗をぬぐいながら、ボソっとそう言うと、
 いまだ汗一つかいていないヤマトが、

「この難易度だと、私たち以外が合格するのは無理そうだねぇ」

 とつぶやいた直後、

 後方から、声が響いた。


「考える時間は十分に与えた」


 これまでは、ずっと、一定の距離をとっていたザコーが、
 ゆっくりと近づいてきて、

「というわけで……さあ、そろそろ話し合いの時間と行こうか、ヤマト」

 そう言いながら、適切な対話ができる距離を築くと、

「お前の答えを聞く前に、俺の『意見』と『譲歩』を並べておこうか。ここにたどり着くまで、俺も、いろいろと考えた。『考える時間が十分にあった』のはそっちだけじゃねぇ。時間だけは誰にだって平等だ。『そうじゃねぇって噂』もあるらしいが、知ったこっちゃねぇ」

 そう前を置いてから、

「ぶっちゃけ、ロコの事は心底マジでどうでもいい。そのガキが生きようが死のうが知ったことじゃないし、アギトの要請を完遂できるかどうかも、本音の部分じゃ、どうでもいい」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く