『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

17話 あれと同じクラスになるの、やだなぁ……

 17話 あれと同じクラスになるの、やだなぁ……

「マイナス点は色々つきましたがぁぁああああ! 『絶世美女の下男ポイント』が8億点つきますので、合格でございまぁぁぁぁああああああああす!!」

 腹の底から声を出す。
 満足のいく解答を得ると、
 ヤマトは、満面の笑みで、

「だよねぇ。だと思ったぁ」

 そう言って、ナイフをおさめた。

「それじゃあ、ゲンくん。先に進もうかぁ」

「ぁ……はい」

 ついさっきまで『ボーレの身勝手ぶり』に呆れていたゲンだったが、
 今は、そんなことすっかり忘れて、ただただ『ヤマトの狂気』に震えている。

 人間の感情とは、かくも乱高下するものなのか、
 と、人類の神秘を感じつつ、
 ゲンは、ロコ&ヤマトと共に、扉を抜けて、6階へと進んでいった。

 ゲンたち一向が去ったあと、
 ボーレは一息ついてから、

「やべぇ女だったなぁ……あれは完全に壊れている……もはや人間じゃないレベル……」

 溜息をつきつつ、

「今年から、あれと同じクラスになるのかぁ……やだなぁ……」

 天を仰ぎ、

「落ちてくれたら助かるんだけど……今年の試験で、あの女が落ちるって、ありえないんだよなぁ」

 今年の試験は、比較的『難易度が高い方』ではあるが、
 観察力・洞察力・戦闘能力の三つが一定基準を超えていれば、
 運に左右されることなく、ほぼ間違いなく受かるようになっている。
 というわけで、ヤマトが落ちる理由はない。

「……やだなぁ……」

 何度目かわからない深いため息をつくボーレ。

 彼がここまで落ち込んでいる理由は以下の通り。

 まず、全宮学園Sクラスは、15年制であるが、
 Sクラスになった者は、学年関係なく全員がクラスメートとなり、
 毎週、5コマほどある総合演習の科目では、
 学年関係なくSクラス全員で演習を行う。

 『学年ごとの必修』が毎週10コマあって、
 それだけは確定で別になるが、
 そのほかの講義は選択制であり、
 『各論系』や『応用演習系』で、低学年と一緒になることは少ないが、
 『概論・総論系』や『基礎演習系』を選んだ場合、一年と一緒になることもままある。

「……総合演習は仕方ないにしても、基礎系の選択科目は、絶対に、あの女とかぶらないようにしないと……」

 心の中でかたく決意していると、
 ボーレは、そこで、次の来訪者の気配を感じて、


「おっと……仕事、仕事……最低限の仕事はこなしておかないと、ルル様に怒られる……」


 『選別に関する裁量権』は与えられているが、
 『仕事を適当にしてもいい』という『特権』を与えられているわけではない。

 よって、ボーレは背筋を伸ばし、
 新たな受験生と対峙する。

「こんにちは。俺は、全宮学園Sクラス3年生のボーレ。試験官の一人です。よろしくおねがいします」

 その挨拶を受けると、
 受験生『ザコー』は、

「それ、ここを通るやつ全員に言うつもりか? 大変だな」

 けだるげな表情と声音でそう言った。

「ご心配なく、今回の試験で、この5階層まで降りてこられる者の数は、多く見積もっても10名ほどだと思われますので、さほど大した労力ではありません」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く