『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

16話 私、耳が遠くてさぁ……

 16話 私、耳が遠くてさぁ……

「ゴチャゴチャやかましい! しったことか、お前の将来なんか! 俺にとっては『今』が全てなんだよ! 『目先のことしか興味ねぇ』――それをポリシーとして人生やらせてもらってんだよ!」


 ボーレは、ピシャリと言い捨ててから、
 心底鬱陶しそうに、小指で耳をほじりながら、

「お前はもう終わったんだ。さあ、さあ、みじめで無様な不合格者が、いつまで、この場にいるつもりだ。さっさと帰れ、このハナクソがぁ!」

 などと、ゲンを粗雑にあしらうボーレ。

 と、そこで、

 音もなくボーレの背後にまわったヤマトが、
 ボーレの首にナイフをあてて、


「ごめんねぇ、私、耳が遠くてさぁ……悪いんだけど、採点が聞こえなかったから、もう一回、言ってくれなぁい?」


 と、底冷えする声で言った。
 粘滞(ねんたい)性の殺意。
 重濁(じゅうだく)性の悪意。
 ネットリと、ベットリとした、湿度の高い害意。

 そんな、絡みつくような狂気を向けられたボーレは、
 一瞬で全身に冷や汗をかく。

 ダラダラと冷たい汗を流しながら、
 一ミリたりとも体を動かすことなく、

「す、全宮学園内での狼藉は……ルル様の……逆鱗に触れますよ、世界一美しいお嬢さん」

 牽制の言葉を投げかけつつ、ゴマをすりながら、
 どうにか矛をおさめさせようとするボーレ。

 だが、ヤマトは、ニィっと黒い笑みを強めて、

「ごめんねぇ、私、耳が遠くてさぁ……悪いんだけど、採点が聞こえなかったから、もう一回、言ってくれなぁい?」

 まったく同じセリフを、まったく同じトーンで口にするという狂気を見せつけてから、続けて、

「……ちなみに、私、同じセリフを3回口にすると、自動的かつ強制的にデストロイモードへと移行するっていう次世代システムが搭載されているから、対応には気をつけてねぇ」

 そう言いながら、ボーレの顔を覗き込む。
 ボーレは、そこで、ヤマトの目をジっと見つめた。
 形状だけは非常に美しい瞳だが、
 しかし、そこには『常人の理解を拒んでいる狂気』が散乱していた。

「……」

 ボーレは、まあまあのクズだが、
 しかし、愚者ではないので、一瞬で理解した。

 ――この女はヤバい。
 頭がぶっちぎれている。

 理由なく人を殺してまわるようなマネはしないだろうが、
 理由さえあれば、ためらわずにとことんやるだろう。

 これまでの人生で、それなりの数の『イカれている人間』を見てきたが、
 『この女』は、その中でも最凶最悪。
 生まれながらに『常識というステージ』を卒業してしまっている、ワンランク上の華麗なるキ〇ガイ。

 根源的恐怖に襲われ、つい、無様に震えてしまうボーレ。
 そんなボーレに、ヤマトは続けて、

「ごめんねぇ、私、耳が遠くてさぁ……悪いんだけど、採点が聞こえなかったから、もう一回――」

 と、3回目となる『同じセリフ』を言い切ろうとしたその直前、
 ボーレが、あわてて、

「マイナス点は色々つきましたがぁぁああああ! 『絶世美女の下男ポイント』が8億点つきますので、合格でございまぁぁぁぁああああああああす!!」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く