『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

15話 不合格だ、おつかれぇ!

 15話 不合格だ、おつかれぇ!


「お前は不合格だ。全宮学園Sクラスが求めるのは最上位の天才のみ。まれによくみる程度の『秀才』に用はない」


 スッパリとそう言い切ったボーレ。
 あまりにも無慈悲なその言葉を受けて、
 ゲンは、少し焦った感じで、

「ええ、ちょっと待ってくださいよ。俺、まだ戦えますよ」

 そう訴えかけたが、
 ボーレは首を横に振り、

「そんなことは問題じゃない。試験官である俺が、『お前は合格ラインに達していない』と思った。それがすべてだ。他の誰がなんと言おうと、俺が試験官である以上、俺の意見は絶対なのだ」

「……おいおい……」

 脱力するゲンに対し、
 ボーレは、

「さあ、不合格者は、この場で退場だ。さっさと帰りなさい」

 シッシッと手を振ってみせる。
 徹底して見下した態度。

 そんなボーレに、ゲンはムっとした顔で、

「こっちは人生がかかっているんだ。こんなワケのわからない終わり方なんか納得できるか」

「人生がかかっていない受験生の方が珍しい。みんな、人生を変えるために、ここにくるんだ。あと『納得のできる終わり方』を享受できる者なんてそうそういない。贅沢言うな」

 そこそこ『もっともなこと』を口にするボーレに、
 ゲンは『ま、そりゃそうだが』と心の中でおもいつつ、
 ぼりぼりと頭をかきながら、

「……せめて、どういう風に採点したか教えてくれよ。このまま帰るのは流石に無理だ」

 そう食い下がると、
 ボーレは、やれやれという顔をして、

「まず、美少女を二人連れているという点が気に入らない。『両手に華とは何様だコノヤロウ減点』でマイナス80点だ」

「……はぁ?」

「ぶっちゃけ、その時点でアウトだから、それ以降の採点は無意味なのだが……一応言っておくと、目つきが悪いので、マイナス10点。あと、思ったよりも強かったのが癪に障るから、それでマイナス20点。あと、性格が悪そうで、後輩にしたくないから、とどめのマイナス50点。合計で……何点だ? 計算するのが面倒だから省くが、とりあえず、お前は多大なマイナスを積み重ねてしまったので、当然のように不合格だ。おつかれぇ!」

「……」

「なんだ、その目は。文句があるなら、俺を試験官にした全宮ルル様に言え」

 ふんぞりかえってそんなことをいうボーレ。
 呆れてモノも言えなくなっているゲン。
 非常にカオスな空間。

 数秒の沈黙ののちに、
 ゲンは、軽く青い顔で、

「……ぇ、一発ギャグとかじゃなくて、マジで、俺、不合格?」

「当たり前だろうが。むしろ、逆に『不合格にならない』と思っていたことに驚きだよ。ぶっちゃけ『その程度の力しかなくて、よく試験に受けにきたな』と呆れているところだ、このカスが」

「いや、実力が足りていないのは、まあ、もちろん、わかっているんだが、しかし、将来性とか可能性とか、その辺に焦点をあててくれても――」

 なお食い下がるゲンに、

「ああ、ああ、ゴチャゴチャやかましい! しったことか、お前の将来なんか! 俺にとっては『今』が全てなんだよ! 『目先のことしか興味ねぇ』――それをポリシーとして人生やらせてもらってんだよ!」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く