『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

121話 壊れているヤマト。

 121話 壊れているヤマト。

(……アレはダメだ……相手にしちゃダメなやつ……魔法なんか、いくら使ったって無意味も無意味。何千、何万、何億回を積んでも、完全に無意味なパターン……)


 今のヤマトでは、『どのぐらい無意味なのか』をデジタルに理解することは出来ない。
 しかし、この状況は、デジタルに理解する必要が一切ないので問題は何もない。

(ははは……もういいや……驚くのも飽きちゃったぁ)

 グンと両足に力を込めて、
 ナイアとの距離を詰めると、
 拳に魔力を込めて、
 殴り掛かる。

 ただ脳死で拳をくりだすのではなく、
 華麗に、流水のような武を駆使して、
 ナイアとの距離を詰めていくヤマト。

 けれど、

(ははははははははははは……当たんない、当たんなぁい……ていうか、当たったところで、これ、ダメージとおらないでしょ……なんとなく、感覚でわかる……これは本当にダメなやつだねぇ……)

 無数の拳を繰り出したものの、
 その拳が当たることはなく、
 すべて、紙一重でヒラヒラと避けられてしまう。

 それからも、ヤマトは、狂ったように、自分にできる全てをナイアにぶつけた。
 『超希少な魔カード』や『ラスト〇リクサー的な、とっておきアイテム』もすべてフル投入して、『今の自分に可能な全て』を、あますことなくナイアにぶつけた。

 その結果、
 ヤマトは、

「……ははは……これが夢じゃないなら……世界が壊れてるってことになるねぇ……」

 理解した。
 ぶっちゃけ、最初から分かっていたことではあったが、
 しかし、どのぐらい『絶対』なのか理解したくて、
 ヤマトは全力をためしたのだった。

 狂人の思考。
 本来であれば『絶望する』とか『逃亡を考える』とか、
 そういったところに『意識のベクトル』が向くのだが、
 ヤマトの場合は『狂ったように殴り掛かる』という選択肢をとった。

 ヤマトは壊れている。
 完全に壊れている。

 だからこそ、
 華麗なる罪帝の血族でありながら、
 呪われて、『存在』を封じられて、
 裏組織で幹部なんかをやっている。

 完全院リライトを畏れさせたその異質、その狂気。

 ――ナイアが、

「まさか、俺を理解しながら、それでも殴り掛かってくるとはな……いや、理解できているがゆえにか……」

 と、ぶつぶつ言っている間、
 ヤマトは、そんなナイアの状況をシカトして、

「たしか、君のお名前はナイアだっけぇ? いやぁ、すごいねぇ、ナイアくん。そのハンパなさは、敬服ものだよぉ。……完全院リライトでも、私の全力を無傷でいなすコトなんか出来るワケないってのに……いやぁ、やれやれだねぇ」

 そうつぶやきながら、

「まいったなぁ……まさか、こんなことになるとは思っていなかったよぉ……」

 そこで、ヤマトは、すべての武器を捨てて、

「……こんなところで『死ぬ』とは思っていなかったなぁ……けど、しょうがないよねぇ……人生って、結局のところは、そういうものだしぃ」

 ボソっとそうつぶやいた直後、
 ヤマトは、アイテムボックスから一枚の魔カードを取り出した。

「ただ『犬死に』はダメなんだよねぇ。美学にもポリシーに反する。そんな無様はプライドが許さない。というわけで……」

 『覚悟を決めて生きている者』ならば、
 たいがい、『ソレ』に似たモノを所持している。

 最後の最後のとっておき。
 覚悟を込めた渾身の切り札。
 絶死のアリア・ギアスを選択するにも近い狂気。

 ヤマトは、躊躇なく、

「……『自爆ランク30』……」

 そうつぶやきながら、魔カードを破り捨てた。
 その瞬間、ヤマトのコアオーラが猛烈に膨れ上がっていく。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く