『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

118話 罪帝ヒミコ。

 118話 罪帝ヒミコ。

「な、なぜ……私の『名』を……」

「知っているのかって? もちろん、知っているさ。この世界の事なら、たいがい知っている。なんせ『創っているところ』を『隣』で見ていたからさ」

「……創っているところを……見た……?」

「ああ、だから、小説にまとめられるくらい、この世界については理解している」

「は、はは……」

 ヤマトは、苦い顔で笑って、

「まるで、神様のようなことを言う」

「勘違いするなよ、罪帝ヒミコ。俺はお前らの造物主ではない。お前らを創ったのは『俺の知り合い』だ。もっとも『俺のやり方』を『模倣』したワケだから、100%関係がないとも言い切れないがね」

「……」

「理解できないという顔をしているな、罪帝ヒミコ。心配するな。お前が理解しなければいけない箇所など一つもない」

 そうつぶやくと、
 ゲンは、そこで、
 自分の両手や両足、
 全身を観察しながら、

「……ほむほむ……崩壊にビビりすぎたあまり、制御システムにリソースを裂きすぎたな……現状だと、出せる力は……『30~50パーセント程度』が限界くさい……いや、この感じだと『10%』……『それ以下』の可能性もある……ま、別にいいけど……なんも問題ねぇし」

 そう言いながら、
 自分の頭に右手をあてて、

「とりま、ゲン・フォースの人生に、『俺』の記憶は邪魔すぎる……とはいえ、ゲン・フォースの物語を『楽しく』するために、ほんの少しくらいは、残しておきたいところ……あ、いや、やっぱり……んー」

 ブツブツ言いながら、

「まあ、こんな感じかな……」

 そう言うと、頭から手を放して、
 スっと、その視線をヤマトに向けて、

「俺の方の調節は終わり。次はお前だ。……正直な話、そのムサい姿じゃ『楽しくない』な……」

 そう言った直後、
 ヤマトの視界から、ゲンの姿が消えた。
 音も気配もなく、
 完全に姿を消してしまったゲン。

 ヤマトが、反射的に周囲を見渡そうとした、
 その時、

「ぅ……」

 体がしびれて動かなくなった。
 指一本、動かすことができなくなったヤマト。

 そんなヤマトの背後に回っていたゲンが、
 『ヤマトの左手にはめられている腕輪』に、手をかざした。

 すると、ポォっと淡く光り、
 直後、
 ヤマトの姿がスゥゥっと変化していく。

 手足のヒョロ長さや切れ長の目など、
 身体的な特徴はそのままだが、
 『明らかに少年』の姿だったものが、
 『明らかな少女』の姿へと変貌する。

 不健康さを感じさせていた病的な白さは、磨きぬかれた白磁の肌に、
 男の子らしい短髪だった髪がスゥと伸びて、あでやかな輝きを放つ。
 骨格も、筋肉も、直線的だったものが、しなやかな曲線へと変わり、
 喉仏もひっこんで、声質が、かなり高く澄んで、通るようになった。

「やはり、その姿の方が、見栄えがいい……せっかくエロ美しいのだから、下手に歪ませなくていい」

 そう言うと、ゲンは、パチンと指を鳴らした。

 すると、ヤマトの体を縛っていた魔法がとけて、
 ヤマトは自由になった。

 動けるようになった直後、
 ヤマトは、自分の胸と股間に手をあてた。

 5年つきあったコトでようやく慣れてきた『男の象徴』が完全に消滅し、
 かわりに『同年代と比べると、かなりボリュームがある胸部』が追加された。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く