『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

116話 メメント・モリ(死を想え)、発動。

 116話 メメント・モリ(死を想え)、発動。

「――たぶん、その女が好きだから――」

 言葉を並べると、
 やはり、どこか薄っぺらくて、
 決して『それだけ』ではないという悲鳴が、心の奥で響く。

 好きとか嫌いとか、そんな言葉では表現しきれない何かを抱えながら、
 それでも、
 ゲンは、その言葉を選択した。
 するしかなかった。

 不完全な世界にイラつく。
 いつだって『そうじゃねぇ、そうじゃねぇんだ』って叫びだけを抱えている。

 ――そんなゲンに、
 ヤマトは、

「へぇ、そっか……少しうらやましい気がするなぁ……あくまでも、気がするだけだけどねぇ……」

 そう言ってから、
 二度ほど頷いて、

「君の想いは受け取ったよぉ。だから、せめてもの情けとして、一緒に殺してあげるねぇ。わずかなズレもなく……同時に消してあげるよぉ。もし地獄とか天国とか、そういう世界があるのなら、きっと、一緒にいけると思うよぉ、知らないけどねぇ」

「……『助けてくれ』って慟哭は……どうしても届かないか……」

「届かないねぇ、プライドが許さないからねぇ」

 そう言い切ってから、

「ゴメンねぇ……メンドくさい性格でさぁ」

 絶対にゆるぎない。
 それが分かる声音。
 ゲンは、理解した。

 どこかで似ているのだ。
 絶対に違うけれど、
 しかし、どこかで類似している。

(……ここまでだな……)

 絶対に死ぬ。
 もはや、他に手はない。

 それを、理解したから。
 だから。

 ――ゲンは、アイテムボックスからナイフを取り出した。

 そして、

(……なんでもいい……ロコを助けてくれるのなら……どんな結果になってもいい……だから……)

 そのナイフを、

「……頼む……」

 願いを込めつつ、





「ヒーロー見参っっ!!」





 叫びながら、
 自分の心臓にズブリと突き刺した。

 それは『自分の命を懸けることで発動する裏技』の行使に他ならなかった。

 絶死のように『覚悟さえあれば誰でも発動する』というたぐいのものではなく、
 特定の手順を経なければ発動しない、
 いわば、絶死の上位版。

 その特定の手順とは、

 『ヒーロー見参と口にしながら、自分の心臓にナイフを突き刺すこと』

 その過程を経ることによって、
 『何かが起こる』という意味不明な裏技。

「ごぼっ……」

 心臓に刃が突き刺さった凶悪な激痛。
 口から血があふれて、視界がグニャリとゆがむ。

「はぁ? いったい、なにを……」

 ――いきなり自分の心臓をナイフで突き刺したゲンをまのあたりにして、
 さすがのヤマトも目が点になっている。

(自殺ぅ? このタイミングでぇ? なんでぇ?)

 理解ができないゲンの行動に困惑。
 恐怖から逃れようとしての自殺ではない。
 そんなことをするほど、ゲンは『正常』ではない。

 ゲンは狂っている。
 ロコを守るためなら何でもする獣。

(何か……理由があるのかなぁ?)

 深く観察する。
 何かあるとしか思えなかったから。
 そう確信できるほど、
 ヤマトは、ゲンという人間を理解していた。

 そして、
 その確信は当たっていた。



「ぐぽぉ……がぱぁ……ごほぉ……」



 勢いよく赤い血を吐き出していたゲンが、
 途中で、白目をむいて、
 真っ黒な血を吐き出した。

 その様子を見て、ヤマトは、

「黒い血を吐くとはねぇ……もしかして、君は人間じゃなかったのかなぁ?」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く