『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

115話 人を好きになったことある?

 115話 人を好きになったことある?

「もう、堂々巡りになりそうだし……そろそろ終わらせることにするよぉ」

 そう言いながら、両手に魔力をためていくヤマト。

「これから私は、異次元砲という魔法を使う。すさまじく強力な魔法で、君のオーラでは、絶対に耐えられない」

「……」

「君も、全宮ロコも、確実に死ぬ。逃げるなら、これが最後のチャンス。これが、本当に、最後の最後の最後のチャンス。それをちゃんと踏まえた上で、行動するように」

「……」

 ヤマトの忠告を受けて、それでも、ゲンの目に変化はなかった。
 狂人の目。
 ラリっている瞳。

「覚悟が決まっている目……なぜ、そんな目ができるのかなぁ……わからない……わからないから、気持ち悪い。この気持ち悪さを払拭するためにも、できれば理由を知っておきたかった……けど……まあいいやぁ」

 そう言うと、
 ヤマトは、魔力とオーラで膨れ上がった両手をゲンたちに向けて、

「じゃあねぇ」

 そう言って、魔法を放とうとしたその時、
 ゲンが、

「あんたさ」

 口を開いた。
 ギリギリのところで撃つのを止めるヤマトに、
 ゲンは、

「人を好きになったこと……ある?」

「……いや、ないねぇ。私が人間を好きになることは……未来永劫、ありえないだろうねぇ」

「そうか。俺と……同じだな。俺も……そう思っていた」

 ゆっくりと言葉を選んでいるゲン。
 時間を稼いでいるといった感じではなかった。

 だから、ヤマトは黙って聞いていた。
 いつでも撃てる姿勢のまま、

「続けてぇ」

 そううながすと、
 ゲンは、ボソボソと、小さな声で、

「一生、俺は俺のままだと思っていた……俺は壊れているから。誰のことも愛せずに終わると信じていた」

「信じていた……とは、また不思議な言葉をつかうねぇ」

「自分はこういう人間だって……どこかで『自覚』していて、そういう人間のまま、最後まで俺自身を貫き通してやるっていう『意地』みたいなのがあって……だから……俺は、俺のまま、俺らしく……死んでいくと思っていた……俺のまま死んでいきたいと思っていた……」

「それに似た感情は私も抱いているよぉ。いつまでも自分のままでありたいという願望」

「それで、だから、えっと……」

 そこで、言葉が詰まり、
 もどかしげに、頭をかきむしるゲン。


「悪いな……時間稼ぎをしているわけじゃないんだ……ただ、言葉にするのが難しくて」


「わからなくもないよぉ」

 そう言ってくれるヤマトに対し、
 少しだけ感謝しながら、
 数秒をかけて、
 ゲンは思考を重ね、
 その結果、

「――あんたは、絶対に、ロコを殺す?」

「ああ、絶対に殺すよぉ」

「俺があんたの剣になるっていってもダメ? 俺は……将来、すごく強くなると思うよ。世界で一番強くなる、権力も地位も全部手に入れる……金も……今の時点で、すでに、大量にある。まだもらっていないけど、ここを切り抜けられれば、きっと、ちゃんと手に入る。それを全部あげる……ほかにも、俺にできることは全部やる……だから……」

「だからぁ?」

「ロコを……殺さないでください」

 真摯に頭をさげるゲンに、
 ヤマトは言う。

「なぜ、そんなにまでして、全宮ロコを守ろうとしているのかなぁ?」

 その問いに、
 ゲンは、この期に及んで、
 少し迷いながら、
 しかし、
 前を向いて、


「――たぶん、その女が好きだから――」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く