『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

112 理由。

 112 理由。

「――君の中での『決着』をつけさせてあげるのも理由の一つ」

 感情に対する決着。
 それは、意外と消化できないもの。

「呪縛で動けなかったから――それが『言い訳』で残ると、『悔い』という面倒な残滓に変換される可能性がある。『抗える力があれば、あの日、全宮ロコを守ることもできたのに』……そういう重荷が君の中で残る可能性がある。それを消してあげようと思ってねぇ。わー、私、やぁさしぃ」

「……」

「これは、実際、私の中では、かなりの親切のつもりだから、変に歪んだ受け取り方はしないでねぇ」

 しつこいほど、前を置いて、

「……ここで『私にビビって逃げ出す』という前提が整えば、君の中で、今日という日が重たいトラウマになることはない。軽いストレスにはなるだろうけど、引きずるほどの重荷にはならないよねぇ」

(逃げ出したクズに、ロコの死をトラウマ扱いする資格はないってことか……)

「さほど守る価値のない女を守れなかった。子供だったし、実力不足だったし、相手が強すぎたし、まあ、いろいろ理由はあるけど、とにかく仕方なかった。――それですむ。それですませてあげようと思っている。わー、ほんと、私、やさしぃ」

「親切だな……あんたは、きっと悪い人ではないんだろう」

「いやぁ、私は悪い人だよぉ。ただ、自分の中のスジは通したいだけさ。まあ、一応、極悪人ではないと思っているけどねぇ。やると決めたら、どんなことでも躊躇なくやるけど、自分の中のポリシー(プライド)は大事にしたい……みたいな感じかなぁ」

 そう言うと、ヤマトは、
 ゲンに視線を向けて、

「で? どうするぅ? 考える時間を10秒あげるから、決断しなよぉ」

「そんなにくれるのか?」

「親切は貫いてこそだと思っているんだよぇ。それもまたプライドだよ」

 そう言ってから、
 ヤマトはカウントダウンをはじめた。

「じゅーう……きゅーう……」

 その間、ゲンは、

「……」

 ロコの横顔を見つめていた。

「最初に会った時から思っていたけど、この女、すげぇ美形だな……」

 ボソっとつぶやいてから、

「並んで歩いたら……俺の方は、完全に見劣りするな……というか、下男にしか見えないだろう」

 意味のない自虐をはさむ。

 その間も、カウントダウンは止まらない。

「ろぉーく……」

 のんびり、ゆっくりとしたカウントダウン。

 ヤマトのカウントダウンを聞き流しながら、
 ゲンは、
 ロコの頬に触れて、

「見た目は美形だけど、中身は、ワケわかんねぇ気持ち悪さであふれている奇抜な女……家族や世界にケンカを売ろうとして、自業自得で殺されかけて……本当に、どうしようもないな……」

「さぁーん……」

「頭ブッチギレていて、当たり前のように偉そうで、絶対的に意味が分からない……」

 言いながら、ゲンは、
 ロコの頭を軽くなでて、

「正直、美形ってのを見るとイライラする。どうして、自分はそうじゃないんだって感情にさいなまれるから。いや、一番イライラするのは、そういうくだらないことを考える自分自身のしょっぱさか。気分が悪い。気持ち悪い」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く