『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

110話 最後の最後。

 110話 最後の最後。

「どうですぅ? 『絶死のアリア・ギアス』とか積んで、再挑戦してみませぇん?」

 ヤマトの提案を聞いたロコは、鼻で笑って、

「死んだら……あんたに勝っても意味がない。あたしの目的は、あんたに勝つことなんかじゃない……」

「ま、そりゃそうでしょうけどねぇ。でも、このままだと死ぬだけですから、試しにやってみませぇん?」

 ニコニコと笑いながら、
 そんな提案をしてくるヤマトに、
 ロコは、気力の抜けた顔で、

「もし……生まれ変われるのなら……」

 どこか遠くを見ながら、

「こんな壊れた世界じゃなくて……ちゃんとした世界に……生まれたいなぁ……」

 そうつぶやいた。

「あらら。戦意が消えちゃいましたかぁ?」

「まだ残っているわよ……多少だけど……覚悟の分は……残っている……」

 そう言いながら、深呼吸をして、

「願いぐらい……口にしたっていいでしょ。叶わないことくらいわかっているわ。けど……夢ぐらい見させてくれたっていいじゃない」

「誰も悪いとは言っていませんよぉ。夢を見るのはご自由にぃ。ただ、あなたのメルヘンな夢に付き合う気はないので、現実逃避のトリップは勘弁してもらえませんかぁ? もし、次、メルヘンが暴走したら『対話の時間は終了』と断定し、迷わず殺しますよぉ」

「……子供相手に、そんなに厳しくしないでよ。いいかげん、泣いちゃうわよ?」

「どうぞ、ご勝手にぃ」

「……はぁ」

 ため息をついてから、
 ロコは、魔力を高めていく。

「おしゃべりはもういいわ……言いたいことを全部言ったわけじゃないけれど、あんたとは会話にならないってことがよくわかったから」

「そうですかぁ? 結構、うまく会話できていたと思いますけどぉ」

「あんたがそう思うんならそうなんでしょう。あんたの中ではね」

 そう言って、ロコは、ヤマトに向かって殴り掛かった。
 魔力を込めた拳。
 『これが通る』だなんて1ミリたりとも思っちゃいない。

 今のロコが、ヤマトに勝てる理由はない。
 ヤマトはロコを遥かに超えている超人。

 どれだけあがこうと、ロコは、ヤマトに殺されるしかない。
 だから、もう策は練らない。
 隠し玉も奥の手も使う気はない。



「最後の最後にぃい! 景気よく暴れて! このくそったれな人生を終わらせる!!」



 叫びながら、ロコはヤマトの顔面に拳を叩き込んだ。
 よけようと思えばいくらでもよけられる一撃。
 ――だが、ヤマトはあえて仁王立ちで受け止めた。

 ガツンと、ヤマトの脳天に響いた。
 間違いなく響きはした――が、それだけであって、ダメージにはなっていない。

 ヤマトは、カウンターを決めることも、
 ロコの拳をつかむこともせず、
 しみじみとした口調で、

「気合の入った『いい一撃』でしたねぇ……追い詰められた命が最後に魅せる輝き……非常に雅(みやび)な一撃でした」

 そう言ってから、

「あなたの……全宮ロコの未来を見てみたいという感情もなくはないのですが……しかし、ここは、全宮アギトの依頼を優先させていただきます。義理や道理からではなく……なんといえばいいのでしょうか……うん、よくわかりませんねぇ。結局のところは、たんなる気まぐれ。あるいは、やはり、私なりのプライドでしょうか。なんにせよ、非常に私らしい理由」

 などと、中身のない言葉をダラダラと並べてから、

「それでは、さようならぁ」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く