『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

107話 痛めつける、

 107話 痛めつける、

「子供をいたぶる……非常に醜い。こういう『ただ醜いだけの雑味』って、ほんとに嫌いなんですよぉ」

 まったく内容のない言葉を吐いてから、

「今回は『全宮ロコとやってみたい』とつい思っていしまったので、ものはためしとばかりに依頼を受けてみましたが……さすがに、時期尚早すぎましたねぇ。いや、まあ『そうじゃないかなぁ』とは思っていたんですけどねぇ。さすがに五歳は若すぎるってぇ。けど、まあ、でも、期待はしちゃうじゃないですかぁ。『家族を相手に異常行動をとり続ける変態』との闘い。もしかしたら、トリッキーで面白いんじゃないかって、思っても仕方ないじゃないですかぁ」

 言いながら、ヤマトは、
 ロコの腹部に拳をぶちこむ。

「うぅううう!」

「期待外れとは言いませんよぉ。年齢を考えれば、あなたは素晴らしい実力をお持ちだぁ。そして、間違いなく、とんでもない才能の持ち主。さすがは全宮家の御令嬢。そこらのガキとはワケが違ぁう」

 言いながら、ヤマトはさらに、
 ロコの足を踏みつける。

「うぃいいいいい!!」

「まあ、いろいろ言いましたが、結局のところ、私が言いたいのは、私を恨むのではなく、お兄さんを恨んでくださいねぇってことですよぉ。私の手が殺すわけですが、私はあくまでも銃。引き金を引いたのは、あなたのお兄さん。その辺のご理解、よろしくでぇす」

 と、そこで、ヤマトは、
 ロコの口から布を抜いて、

「魔法を使いそうになったら、また口を封じますので、やめてくださいねぇ」

 そう前を置いてから、

「そろそろ、もう十分に『痛めつけろ』の依頼内容は果たしたかなぁと思いますので、そろそろ殺させていただきまぁす。……というワケで、何か最後に言い残したいことはありますかぁ?」

 そこで、ロコは、痛みに耐えつつ、
 恐怖や不安といった弱さの感情を押し殺し、
 キっと、表情を高貴に整えて、

「子供をいたぶるのが嫌いというわりには……躊躇なく、ボコボコにしてくれたわね」

「相手がただの子供だった場合、もう少し躊躇したと思いますが、あなたは、なかなか強いですし、今も、こうして、しっかりとした『強者の目』で私を見ていますぅ。だから、躊躇なく暴力をふるうことができましたぁ。助かりましたよぉ」

「……『強くならなければ』と『弱い自分』にムチ打ちながら、必死に、今日まで、どうにかこうにか、歯を食いしばって生きてきて……その結果、今、とても悲惨な目にあっているというわけか……人生というのは、本当にふざけているわね」

「でも、そういうところが最高に面白いですよねぇ」

 ニコニコと感情のない笑顔でそう言うと、
 ヤマトは、

「ところで、言い残したことは以上ですかぁ? 別に、時間が差し迫っているというわけでもないので、まだまだ言い足りないというのであれば、もうしばらくは、おしゃべりに付き合いますがぁ?」

 その問いかけを受けて、
 ロコは数秒悩んでから、

「そうね……じゃあ、もうしばらく付き合ってもらおうかしら」

 そう言ってから、
 顎をあげて、
 まっすぐにヤマトの目を見て、



「あたしの配下にならない?」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く