『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

102話 『運』だけでおいつくヤマト。

 102話 『運』だけでおいつくヤマト。

「今日の家族会議みたいに、毎年、五大家の首脳が集まって会議が行われ『今年はどうやって生贄をつくるか』を話し合っている」

(生贄……ねぇ……問題なのは、当然、その理由になってくるワケだが……)

 と、ゲンが『コスモゾーン・レリックが生贄を求めている理由』について思案していると、ロコが続けて、

「ちなみに、なぜ、コスモゾーン・レリックが生贄を要求してくるのか、その理由は不明。五大家の中にも、その点について疑問に思った者はたくさんいたそうだけど、質問に答えてくれたことは一度もないそうよ」

(……『理由を答えない』……か。……もし『答えない』のではなく『答えられない理由がある』のだとすれば、その理由はなんだ……)

 などと、ゲンが考えていると、

「コスモゾーン・レリックによる支配からの脱却。それも、あたしの望みの一つ」

 ――と、
 そこまで話したところで、
 ロコは、





「……っ!!」





 ふいに、眉間にしわをよせ、
 グっと口を閉じた。
 急に張り詰める空気。

 ロコは、ババっと、周囲を警戒する。
 その様子からゲンも理解する。

(もしかして……)

 その予感は的中。

 背後から、ひたひたと、

「あー、やっと追いつきましたよぉ。さすがは全宮家の御令嬢。五歳児とは思えないほどの華麗な逃げっぷりですねぇ。感服いたしますなぁ」

 現れたヤマトを目視すると同時、
 ロコは、

「……な、なんで追いつけるの……あれだけ、デコイと結界を張り巡らせていたのに……」

 モンスターを撃退しつつ、
 ゲンと会話しながら、
 ロコは、ずっと、ヤマトをまくための布石を打ちまくっていた。

 『ソウルが五分でも稼いでくれれば逃げ切れる』――そう考えていた。

 ぶっちゃけた話、ロコは最初から、
 『こうなる可能性』も考えて、家族会議に挑んでいた。

 『ヤマトをぶつけてくる』というガチ中のガチ暗殺は、もちろん想定外だったが、
 『アギトを本気で怒らせてしまう』という可能性をゼロだとは思っていなかった。
 『修学旅行中に拉致られた時の対処法』ばりの、
 限りなく低い確率とは認識していたものの、一応、そういう可能性も想定していた。

 ゆえに、『何かあっても、とりあえず、ルルのもとまで逃げられるよう』に、
 色々と事前に用意はしてあった。

 レディ・パーフェクトリー(準備は完全に整った)。
 とキメ顔で決めセリフを吐けるくらいには準備をしてあった。

 ――なのに、
 ヤマトは、当たり前のように追いついてきやがった。

「どうして……なんで……」

 ロコが狼狽していると、
 ヤマトは、

「たまたまですね」

 ニコっと微笑んで、

「もしかしたら、こっちの方にいるかもぉ、と思って、わき目もふらず全力ダッシュをしてみたら、たまたま見つけることができた……それだけの話ですよぉ。私、運がいいんです。いや『運もいい』と言った方が適切ですかねぇ」

「……」

「私って、基本的に万能の天才で、それだけでもチートなんですけど、運もいいんですよねぇ。今日も、本当なら、家族会議に出る予定はなかったんですけど、色々な偶然が重なって、たまたま、私は、あなたの暗殺依頼を受けることができた。まるで運命。今日、私が、あなたを殺すというのは、定められた運命なのかもしれませんねぇ」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く