『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

100話 そんなことはわかっている。

 100話 そんなことはわかっている。

「壊れて生まれてきた人間の受け皿がゴキとかシロアリ。その受け皿からもこぼれたのがギルティブラッド。壊れた連中の掃きだめ。ヤマトは、受け皿からこぼれきってはいないだけ、まだマシな方なのかな」

「……」

「あたしも、きっと、全宮家に生まれていなかったら、『普通の側』からはこぼれていたでしょうね」

 先ほどは、自分を『まっとう』と評価していながら、
 今は『普通の側』からはこぼれていると口にする。

 その言葉に矛盾はない。
 ロコは自分を『ある意味でまっとう』だと認識していて、
 かつ、『普通の社会適応は出来ていない』と理解している。

 『まっとうであるはずの自分が社会適応できない世界』――その不条理に対する憤りが、全宮ロコの原動力。

「ギルティブラッドまで落ちていたとは思わないけれど、もし庶民として生まれていたら……やっぱりゴキに入っていたかな……いや、自分でレジスタンスを作ったかも」

 ぶつぶつとつぶやいてから、

「まあ、そんな仮定の話はどうでもいいけど」

 そう仕切りなおして、

「あたしは、幸運にも、全宮家に生まれてきた。全宮の『力』と『ルール』を使うことができる立場にある。この激運をあたしはとことん利用する。全宮の力を徹底的に『悪用』して……この世界の腐った支配構造を皆殺しにしてやる。今の全てを破壊しつくして……まっとうなあたしが生きやすい世界に変えてやる」

 本気の決意を世界にたたきつける。
 ゲンは、彼女の決意を聞きながら、

「……一つ質問があるのですが」

「なに?」

「今の支配構造の、なにがそんなに気に入らないんですか?」

 ゲンの発言には純粋な疑問しか含まれていない。
 諫(いさ)めようとしているわけでも、
 嫌味を口にしているわけでもない。

 きわめて純粋なクエスチョン。

 実のところ、最初からずっと感じていた疑問。

「俺が知る限り、この世界はそれなりにうまく回っています。たしかに、現状、庶民は五大家の家畜のような扱いですが……仮に、五大家が消えれば、『日夜、そこら中で小さな縄張り争いを繰り広げる地獄の乱世』に突入するでしょう」

 ハンパな力を持った『支配者を目指す者達』が、
 『多くの犠牲』を他者に強いて、
 世界は、終わりのない殺戮と略奪に包まれるだろう。

 ゲンは、かつて、センター試験で九割オーバーが取れるぐらい、世界史を勉強していた。
 だから知っている。
 人の醜さは、十分に理解できている。

 『人の不完全さ』を前提にモノを考えれば、
 『現状』は『最悪』と呼べるほどではない。

 というより、かなりうまくいっている方だと思えた。
 もちろん、完全ではないが、完全など、求める方がどうかしているのだ。

「――五大家がいなければ社会は混乱する。そんなことはわかっているわ」

 極めて冷静で理知的な態度。
 ロコは続けて、

「けど、このまま、誰も何もしなかったら、『不完全な現状』がずっと続く。『完全でなくてもいい』という『甘え』から永遠に抜け出せない」

「……」

「きっと人間は、もっとうまくできる。もっと高潔な指導者がいれば、もっと、もっと、うまくやれる。人間には、その可能性があると私は確信している」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く