『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

93話 ヤマトのポリシー。

 93話 ヤマトのポリシー。

「ゲン、お前も一緒に逃げろ。ゴキが相手だと、今のお前では役に立たない」

 その言葉を受けて、ゲンは、

(事実、今の俺では、普通に、邪魔にしかならない……このミッションで重要なのは、ロコを逃がすこと……それだけ)

 グっと奥歯をかみしめて、
 ヤマトを睨み、

「……その人は俺の父親だ。殺したら、俺に一生恨まれるから、そのつもりで。ハッキリ言って、俺に一生恨まれるっていうのは、そうとうキツイぞ。その十字架だけは、絶対に背負わない方がいい」

「しつこいねぇ、少年。間違っても殺さないよぉ、この程度のザコなんて。私の手は、そこまで安くないんだよぉ。私のポリシー(プライド)をナメてもらっては……ぉっと、違う、違う。だから、私はただの迷い人なので、その手の心配は無用ないんだよぉ、少年」

「……将来、暗殺者を雇いたくなったとしても、あんただけは雇いたくないな……機密もクソもねぇ」

 ゲンはそう言い捨てると、ロコと共に、
 その場から逃げ出した。

 残されたソウルさん、ヒジカ、オキの三人は、
 ヤマトを囲むように距離をとる。

 ソウルさんが、

「3対1程度は余裕……そんな顔だな」

「いえいえ、私はただ道を尋ねたいだけで……って、このスタンス、もうやめてもいいですかぁ? 好きじゃないんですよねぇ、隠密的な行動ってぇ」

「最初から今にいたるまで、お前が隠密的だった瞬間は一秒たりともないがな。殺意ふりまきながら近づいてきて、車を大破させて、べらべらと、ミッション内容について、聞く気がなかったところまで含めて、勝手に全部暴露して」

 それがアリア・ギアスなのであれば、まだ理解もできるのだが、
 ヤマトの場合、そうではない。
 単純に、イカれているだけ。
 脳ミソが派手にぶっとんでいるだけのキ〇ガイ。

 それが、スーパーカリスマアウトサイダーズ『ゴキ』のナンバースリー『ヤマト』。

 ヤマトは、ニコっと感情の見えない笑顔を浮かべ、

「さてさて……それじゃあ、はじめましょうか。さっきも言っちゃったワケですけど、あらためて、もう一度言っておきましょうか。――安心していいですよ。あなたたち程度を殺す気はないので。そんなしょぼい血でこの手を汚したくない。私には私なりのポリシーがある。ソレは、絶対に穢すわけにはいかない意地であり誇り。私にとってとても大事なモノ」

「しょぼい血か……素直にムカつくな」

「よく言われますぅ。どうにも、私は他人をイラつかせてしまう体質らしいのでぇ。『なぜ他人をイラつかせてしまうのかわからなぁい』という嘘を平気でついちゃう『お茶目な一面』まであったりなかったりしちゃうので、余計に他人をイラつかせてしまうのですよぉ」

 ヘラヘラと、歪んだことばかりを口にするヤマトに対し、
 ソウルさんはもちろん、ヒジカやオキも、苦虫をかみつぶした顔をしている。

「全面的に気色の悪いガキだ……吐き気がとまらねぇぜ」
「同感ですね。しかし、強い。おそろしいほどに。この年で、私たちを遥かに超えているとは……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く