『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

92話 ゴキはまずい。

 92話 ゴキはまずい。

(ゴキを使うことまでいとわないほどの殺意……ソレを、ゲンはアギトに抱かせた……)

 そこで、ロコは、ゲンをチラっと見る。

(あの慎重なアギトにゴキを使わせるほどの情動を抱かせた可能性……)

 想像以上に、ゲンの未来には可能性があった。

(状況的に……『あたしのキャラクター的』に、引けなかったというのも、もちろんあるけれど、ダギーやアギトだけではなく、あたし自身……ゲン・フォースの可能性に酔ってしまった……)

 あの賭けの場で、
 実のところ、ロコは『下がるタイミング』をうかがっていた。

 今か?
 今か?
 と、『いつ降りるか』を探っていた。

 しかし、結局、ロコは、最後まで突っ走ってしまった。
 なんてことはない。
 自分でも理解しているとおり、ロコも、ゲンの可能性に酔ってしまった。

 結果、すべての歯車が少しずつ狂った。
 その結果が現状。

 この現状は、決してロコが望んだ未来ではない。
 いつか『全宮家とは全面戦争になる』と覚悟していたが、
 『想定していた開戦の日』は決して今日ではない。

(今の戦力でヤマトには勝てない……逃げるしかない……となれば、次手は自明……)

 次手を決断したロコ、
 その目の前で、彼女の盾になっているソウルさんが、

「ゴキは、まずいな……」

 ボソっとそうつぶやいた。

 全宮家の中枢に近い場所にいて、
 かつ、対凶悪犯罪者を生業としているソウルさんなので、
 当然、ゴキについては知っている。

 あまり表立っては言えないが、
 全宮家が抱える『最強』の特殊部隊は、
 実のところ反社会組織の『ゴキ』である。

 ゴキは、間違いなく『性根の腐った犯罪者』の集団で、
 所属しているメンバー数も常時10人前後と少ないが、
 『ケタ違いの精鋭』がそろっており、
 所属メンバーの大半が、ダギーを超えている。

 そんなゴキのナンバースリーである超人――それが『ヤマト』。

「ロコ様……我々だけでは、ゴキの上位には勝てません。時間を稼ぎますので、お逃げください」

「……ええ……そうさせてもらうわ……」

 ロコは、そこで、
 ヤマトの目をキっと睨み、

「いうまでもないけれど『あたしが生き残った場合』も考えておいた方がいいわよ。どんな理由があれ、あたしは、あたしの所有物を壊した者を許さない」

「ご安心を。標的以外は殺さないのがポリシーなのでぇ。ポリシーというより、プライドですかねぇ……ん? ぁ、いえいえ、私はただの迷い人なので、殺すとか、殺さないとか、そんな物騒な話は専門外。あくまでも、私は、道を尋ねたいだけの悪男……それをお忘れなきよう」

「ええ、もちろん忘れないわ」

 と、そこで、ソウルさんが、

「ゲン、お前も一緒に逃げろ。ゴキが相手だと、今のお前では役に立たない。というより、すさまじく邪魔だ! お前を人質や盾として使われたら厄介きわまる!」

 その言葉を受けて、ゲンの頭の中で、いくつかの選択肢が出た。
 その中の一つである『ここで残って戦う』という選択肢に対して、

(……普通に、邪魔にしかならない……このミッションで重要なのは、ロコを逃がすこと……それだけ)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く