『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

84話 全部を……あつめて……

 84話 全部を……あつめて……

「なんなんだ、貴様は……『貴様ら』は……いったい……何がしたいんだ……」

 ゲンとロコ。
 両者に対して、アギトは心底から『不快感』を覚えた。
 まるで、自身の体内で二匹のムカデが這い回っているみたい。

 と、そこで、ゲンが、

「げほっ……がはっ……」

 重たく吐血した。
 濃い血があふれる。
 酷く真っ赤で、深くドロっとしている。

 ゲンは、少し息を吸って、
 口元をぬぐって、
 激痛と仲良くしながら

「俺は……ゲン・フォース。まだ……何者でもなくて、けど目的はあって……だから、必死になって……毎日を積み重ねている者」

 途切れ途切れに、
 しかし、ハッキリと通る声で、

「……『あっちのヤベェお嬢様』に関しては……よくわからん。何がしたいのか、何を思っているのか……正直、何一つわからない……」

 息も絶え絶え、
 全身ボロボロ、
 ――それでも、ゲンは続けて、

「本音を言わせてもらえれば『気持ち悪い』とすら思う……『ロコ様が何をしたいと思っている』のか、俺には、さっぱりわからない。……ぃや……まあ、少しは……おぼろげには……理解できなくもない――ところもなくはないって感じなんだけど……けど、結局のところは、やっぱりわからない」

 飾り気のない本音を前に置いてから、

「……わからないから……」

 顎を上げて、
 アギトの目を睨み、

「わかりたいんだろう……きっと。傲慢なほどに……俺は『あの子』をわかりたいと思っている……」

「……」

「この情動を……大事にしたいっていう、俺のワガママを……」

 ゆっくりと、拳を構える。



「……あつめて……」



 ゲンの全てが充実していく。
 心と技と体。
 すべてが、まだまだ未熟でお粗末。
 けれど、だからこそ表現できる『何か』はきっとある。
 ――なんて、そんなことを思いながら、
 ゲンは、



「――ゲン・ワンダフォ――」



 ありとあらゆる感情がゲンの中で一つになる。

 未完成の器に亀裂が入る。
 ピシっと音が入って、
 パリンと割れる。

 すると、その陰影に、
 新たな軸が生まれる。

 壊れて、再生して、砕けて、取り戻して、
 そんなことを繰り返しながら、
 命の器は磨かれていく。

 命は完成しない。
 けれど、だからこそ永久(とわ)に――


「がぁっっ!!」


 ゲンの拳が、アギトの腹部に直撃。

 避けられない速度ではなかったが、
 なぜだか『受け止めたくなった』ため、
 アギトは避けずに、その身で受け止めた。

(うぐぅ……な、なぜ、私は……こいつの拳を受け止めた……よけられたはず、いなせたはず、どうとでも出来たはず……それも、すべて、造作もなく! なのに! なぜ!)

 自分で自分が理解できない。
 アギトの中でも何かが壊れている。

(痛みは……さほどない。衝撃はあったが、その程度……だが)

 アギトは『きわめて不透明な自分』に迷いながら、

(こいつの拳からは『重たい覚悟』を感じる……不自然なほど、悠久(ゆうきゅう)を思わせる重たさ……この重たさは一体なんだ……このガキは、五歳程度の子供なのに……どうして、それほどの重さを……)

 疑問が止まらない。
 何もわからない。
 ずっと、ずっと、奇妙がすぎる。

(なにもわからない……だが……)

 だが、一つだけわかったことがある。

(折れない……こいつは……たとえ永遠を積んでも……)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く