『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

80話 なにを悩む必要がある?


 80話 なにを悩む必要がある?

「ロコの下についていても、いいことなど何もない。アレは今後も、お前を、今日のような目に遭わせ続けるだろう」

 アギトは、とうとうと、

「あのバカな妹は、今後もずっと、みずから無意味に『あてのない地獄』に向かって突き進み続ける。お前がいくら矯正・修正しようとしても、当然のように、そのすべてを水の泡にするだろう。――だが、私なら、お前を大事に扱う。お前には『投資』をする価値がある。お前の可能性は大きい」

 ゲンの心に語り掛ける。

 アギトは、つい数分前の『ダギーとゲンの闘い』を思い出しながら、

「ダギーとの闘いで、貴様は、大きな可能性を示した。もちろん、今はまだ蕾。だが、お前の蕾はとてつもなく美しい」

 ダギーが『唐突に降参を口にした』という『受け入れたくない現実』に対し、
 瞬間膨張した『当たり前の怒り』で感情が沸騰し、
 真っ赤になって負の情動だけを喚き散らしてしまったが、
 しかし、あの時、あの瞬間、
 『ダギーの剣を折ってみせたゲン』に対し、

 ――何も感じていなかったわけではない。

(このガキの資質。ただの『早熟』で、今後の『伸びしろ』はさほどない――そういう可能性もある。だが、もし『本物』であるのならば、賭ける価値は十分にある)

 それなりに高純度の『虹気』がつかえるレアで、
 ダギーを折ってみせた破格の精神力を持ち、
 五歳という若さで、すでに『そこそこのグリムアーツ』と、
 『悪くない魔法』をいくつか習得している可能性の塊。

 平場であれば、『どうしても賭けたい』というほどではないが、
 『この状況』においては十分以上に『賭ける価値』がある逸材。

 ――そこで、アギトは手を差し出して、

「さあ、つかみ取れ。私はお前に投資する。だから、お前も、私に賭けろ。沈みゆく船にしがみつくのはやめろ。お前に『最高の未来』をくれてやる」

 すべての言葉を使った。
 たたみかけた。

 適切な言葉、適切を超えた条件。

 迷う理由はなかった。
 誰であれ、答えは一つ。

 ここでロコを選ぶバカはいない。
 そこまでのバカなど、いるはずがない。

 ――と、ゲンですら思った。

(アギトを選ぶべきだ。それは、当たり前の話)

 ゲンは賢くないが、バカじゃない。
 ちゃんと頭を使える人間。
 ちゃんと生きている人間。

 なのに、

(……なのに、なんで悩んでいる……)

 ゲンは、自分の心に問いかける。
 『なぜだ?』と深く、深く、深く。

(そもそも、どうして、俺は、ロコの剣になりたがっている……)

 自分自身に対して問いかけてみたが、
 いくら質問しても、

(……わからない……)

 答えはまったくかえってこない。

 今、この状況で『わかっていること』は一つ。

(ロコはやりすぎた……アギトは本気でキレている。仮に、ここで俺が降参しなかったとしても、アギトは、ロコの死をあきらめない。暗殺者を雇うなりなんなりして、ロコを殺そうとするだろう。俺がアギトなら、確実にそうする。ロコは鬱陶しすぎる)

 ロコはもう終わり。
 それだけが、現状の現実。

(ロコにつけば、俺も抹殺対象になりうる……というか、アギトの視点だと、ここで降参しないようなバカは、たいがい鬱陶しいから、確実に始末しようとするだろう……ロコについているのは、メリットがなさすぎる)



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く