『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

77話 全宮ロコのブレーキ。

 77話 全宮ロコのブレーキ。

(これほど整った状況下で、このガキが降参したとしても、それを理由にダギーを咎めることなど出来るわけがない……それをしてしまえば、私は『子供の配慮すら理解できない大バカ』になってしまう。それはありえない)

 支配者は『愚者のレッテル』を何よりも恐れる。
 『名誉』を大事にして生きるのは窮屈なのだが、
 『立場』には必ず、その面倒な負荷が付き纏う。

 結局のところ損失は損失なのだが、
 しかし、ゲンの配慮によって『納得のいく損失』になった。

 『ゲン・フォース』を理解することができ、
 それがロコについているという事実を認識することができた。

(機転、根性、資質……なるほど、なるほど、すべてが、五歳のガキとは思えない優秀さ……ロコが認めただけのことはある……あるいは、こいつなら、ロコのブレーキになりえるやも――)

 などと、アギトが考えていると、
 ロコは、


「合計で900億円……悪くないわね」


 ニィと笑い、

「では、ゲン……必ず勝ちなさい」

 そう言って、亜空間の壁際まで下がると、
 両手を組み、背中を壁に預けて、

「いいわね、ゲン。絶対に勝ちなさい。忖度(そんたく)して、降参を口にするなど許さない。もし、お兄様に配慮して降参を口にした場合……そうね……どうしようかしら……」

 そこで、ロコは天を仰ぎ、

「……殺す……のはいろいろと勿体ないのよね……けど、その痛みに値する罰は与えたい……となると……」

 ロコは数秒考えてから、
 ニっと微笑んで、

「もし降参したら、あたしはこの場で自殺するわ」

「「っ?!」」

 ロコの発言を受けて、
 ゲンとアギト、両者の表情が一気にくもった。

 そして両者ともに理解する。
 彼女の厄介さ。
 彼女の壊れ方。

 『ゲンを殺すのはもったいない』と言った口で、
 自ら、自分の命を危険にさらす。
 ――もはや、何がなんだかわからない。
 『狂っている』――そう表現するしかなかった。

 思わず膝から崩れ落ちそうになったゲン。

(……こ、ここまでバカなのか、この女……)

 ゲンはナメていた。
 ロコの覚悟と狂気。

 失ってしまっているのだ。
 彼女は。

 常軌を逸して、己が摂理と心中する修羅の覚悟。
 研ぎ澄まされた刃のように鋭利な狂気。

(やる……あの女は……マジでやる……)

 完全に狂った目。
 ゲンにはハッキリと分かった。

 全宮ロコは、
 もし、ゲンが降参を口にしたら、
 ――本当に、その場で自殺をするだろう。

 さすがに我慢できなくなったのか、
 そこで、アギトが、

「……いい加減にしろ、ロコ……本当に……いい加減に……」

 我慢の限界はとっくに超えている。
 しかし、ロコが口をひらくたびに、
 アギトの怒りのボルテージは、どんどん上がっていく。

「なぜ、そうも……なぜ……なんで……」

 怒りに震えているアギトに、
 ロコは、

「おやおや、全宮の次期当主ともあろう御方が、こんな小さな子供が怖いのですか?」

 けらけらと笑いながらそう言う。
 止まらない挑発。
 突き進み続ける嘲笑。

(ああ、このガキはダメだ……止まらない……誰もブレーキにはなれない……)

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く