『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

76話 配慮。

 76話 配慮。

「己が幸運に感謝しろ。……というより、ここはあえて『貴様の運命力だけは認めざるをえない』と言っておこうか。この私と武を交わせる機会などそうそういない」

 言いながら、アギトは全身をオーラで包み込んでいく。
 ハンパではない威圧感。

 ――と、そこで、
 ロコが、亜空間内に飛び込んできて、

「お兄様、すでに『そちらの駒(ダギー)』は降参を口にしております。よって、賭けはすでに終わっておりますわ」

 明確な態度と口調で『勝負はすでに終わっている』と告げるロコに、
 アギトは、

「賭けはお前の勝ちだ……それはゆるぎない」

 無理に感情を押さえつけた声でそう言ってから、
 一度深呼吸をはさみ、

「私がすでに『全宮の当主』なら、全力でうやむやにして、全てなかったことにしてしまうところだが……『父の目』がある現状では、そうもいかん。あの人は……こういうことに対して厳格だ」

 この空間に突入する前、
 アギトは父であるテラの様子をチラッとうかがっていた。

 正直、さほど期待はしていなかったが、
 しかし、見事、『まったくアギトに肩入れする様子がなかった』ため、
 アギトは『勝負の結果』に関しては諦めることにした。

 テラは王として、厳格に『ルール』を重んじる。
 もちろん、『命』や『家』がかかっていれば、
 『ルールなど知ったことか』と暴れることもいとわないが、
 しかし『子供同士の争いを見守る立場』にある際においては、
 徹底的にルールを重んじる。

 ゆえに『全宮家にとってなんの益にもならないロコ』にも、
 キチンと、家のルール通り、領地と運用費を与えた。

 だから、アギトは、すでに諦めている。
 すでに、賭けには負けた。
 その事実は覆らない。

 ならば、なぜ『ここに飛び込んできた』のか。
 それは、
 『ダギーの降参をなかったことにするため』ではなく、
 『感情の置き場を見失ってしまった』ため。

 ようするには、衝動的かつ短絡的な情動。


「今から行うのは『貴様の剣』の『程度』を見極める確認作業。私が直々にはかってやる。そのガキが、貴様の剣にふさわしいか否か」


「必要ありません。あたしは自分の目を信じています」

「貴様の意見など聞いてはいない。私が確かめたいから確かめる。それだけの話」

「ワガママがすぎますわね」

「誰に口をきいている。いい加減、黙れ」

 そこで両者、にらみ合う。
 バチバチと火花が舞う。

 その間に割って入ったのは、

「やりますよ……やります」

 ゲンだった。
 ゲンは、ロコとアギト、両者の様子をうかがいつつ、
 絶妙に空気を読んで、慎重に言葉を選びつつ、

「ただし、ルールは『先ほどと同じ』でお願いします。降参した方の負けで……かつ、この戦いの賭け金は、先ほどの闘いで得た金の『半額』……その条件で、いかがです?」

 両者にとっての落としどころを提示するゲン。

 アギトは、瞬時に、


(このガキ……降参する気か……)


 『ゲンの意図』を理解する。
 ゆえに、アギトは、
 普通に感心しながら、心の中で、

(……こちら側の損失を抑え、『私の留飲を下げる』ことが『主人であるロコにとっても最善』と判断したか……)

 ゲンの提案は、ロコとアギト、両方に対する配慮。
 『全額を返す』となったら、ロコのメンツがつぶれる。
 だからこその半額。

 半額でも、許容範囲と言える損害ではないが、
 しかし、事実として、600億の損害が300億までひきさがるので、
 心理的なストレス圧はその数字分下がることとなる。

 ある意味で絶妙なドア・イン・ザ・フェイス。

 そして、この判断は……

(私とロコだけではなく、ダギーに対する配慮もみてとれる……)

 しっかりと、全方位に対して空気を読んだ一手。
 もはや、神の一手と言ってもいい絶妙手。

(これほど整った状況下で、このガキが降参したとしても、それを理由にダギーを咎めることなど出来るわけがない……それをしてしまえば、私は『子供の配慮すら理解できない大バカ』になってしまう。それはありえない)



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く