『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

72話 命の器。

 72話 命の器。

「剣で来い……そっちも見せてみろ」

「……」

 ゲンは、一瞬、迷ったが、

「……まあ、いいか」

 ゆっくりと剣を構える。

「スキだらけだな。剣の方は、まだまだ器すら出来上がっていないといったところか」

「そうですね……2歳のころから最近まで、拳ばっかり磨いていたもので。剣の器が出来上がるのはもう少し先でしょう」

「2歳のころから……ね」

 一度、そうつぶやくと、
 ダギーは、グンと踏み込んだ。
 ゲンの目でもギリギリ追える速度。

 すでに、ダギーは、ゲンの『程度』をはかり終えている。
 ゆえに、

「うらぁ!」

 鋼のかちあう音が響く。
 本当に、ギリギリのところで、ダギーの剣に自分の剣をあわせるゲン。

「足運びがお粗末だな」

 軽く足を払われて、無様にすっ転ぶゲン。
 そんなゲンを見下ろしながら、
 ダギーは、

「流(りゅう)があいまいだ……剣は、一個の挙動で完結する単次元的な攻撃ではない」

 別に、正拳突きだって、一個の挙動で完結するわけではないが、
 しかし、技と技の『流動』が大事になってくる剣舞においては、
 正拳突きにかけた時間と同じかそれ以上の積み重ねを経ないと、
 『安っぽいチャンバラ』のままで終わってしまい、
 上級者を相手にすることなど夢のまた夢。

「呼吸が単調すぎるんだよ……」

 ダギーは、まっすぐの中段構えを取り、
 すり足で距離をはかりながら、

「俯瞰の視野も狭い……」

 死角にもぐりこんで、
 柄(つか)の先を、ゲンの腹部にぶちこむ。

「ぐえっ!」

「乱(みだ)せよ、自分を……整えて、乱して……そうやって、いつしか見えてくるシルエット……それがお前の型となり、型を極めた先に、鮮やかな流(りゅう)が、その魂と体に宿る。それが剣の器。……命の器……」

 言葉と技。
 技と言葉。

 その二つが複雑に織り成って、
 ゲンの中で『器』の『元』になっていく。

 ダギーの一挙手一投足が、
 ゲンの中にしみこんでくる。
 高次の指導手。
 目覚めを誘発する一手。

「ゲン・フォース……お前の剣は、まだ『芯』を知らない」

 加速からの刺突。
 受け止めたゲンの剣にヒビが入った。
 パキィインッッ!
 と、へし折れる、ゲンの剣。

(折れて……砕けて……乱れて……)

 ゲンは、折れた剣をその場に捨てて、
 即座に、アイテムボックスから、
 予備の剣を取り出すと、

「ふぅう……」

 全力で精神を統一させる。
 ダギーと戦っていると、
 何かが見えてくるような気がした。

(もっと……)

 深く、深く、
 自分の奥へと潜っていく。



(――もっと……っ)



 呼吸が止まった。
 酸素を望まない視点。
 厳かな解糖(かいとう)。
 電子伝達系に与える猶予。

 視界がクリアになって、
 全身のナトリウムイオンチャネルが開く。

 ゲンの血肉がピリピリと沸いた。

「来いよ、ゲン・フォース」

 真正面で剣を構えるダギー。
 ゲンの心が一つに収束する。



「――ゲン・エクセレント――」



 体幹を主軸とした円運動。
 両足の母指球に力を込めて、
 ゲンは、自分の剣とひとつになった。

 ひそかに練習していた必殺の剣――『ゲン・エクセレント』。
 言ってしまえば、ただのナナメ切りだが、
 『吐くほどダサい名前』という極端なアリア・ギアスが乗ったその一撃は、

 ――ギィインッッ!!

 と、豪快な音をたてて、
 ダギーの剣を砕いてみせた。

 勢いを殺しきることが出来なかったせいで、
 ゲンの剣もへし折れる。

 砕け散った、互いの剣。

 ダギーは、折れてしまった自分の剣に視線を落としてから、
 一度、フっと微笑んで、



「……降参だ」



 静かに、敗北を宣言した。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く