『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

68話 パラノイアと根性論。

 68話 パラノイアと根性論。

「人生ってのは、なかなか思った通りにいかないもの……そして、たいがいの場合『順風満帆』を邪魔してくるのは『人の悪意』と相場が決まっている。さて、少年……お前は、私の悪意をはねのけて、見事、200億以上という大金を手に入れることができるかな?」

「……まともにやって勝てるとは……もちろん、思っていませんよ、ダギーさん」

 ゲンは、自分を調律するように、
 長めの深呼吸をはさんでから、

「殴り合いでは勝てるワケがねぇ……俺と相手の間にあるのは、『大人と子供』以上の差。この差を埋められる可能性があるとすれば……」

「ないさ、そんなもの。あるわけがない。というより、あってはいけない」

 正論を言い捨てるダギーに、
 ゲンは、気合を入れて言う。

「……ある。一つだけ」

「バキバキの目だな……安いハッタリを口にしている感じではない。かりにハッタリだとしても、かなりブチ切れたハッタリ。興味があるな。教えてくれよ。お前の心にある、たった一つの可能性とは、いったいなんだ?」



「根性」



「……」

「俺が望む闘いのルールは一つ。それは『相手から降参を引き出せなかったほうの負け』というものだ。このルールにおける敗北条件は二つある。一つは、降参を口にすること。もう一つは、降参を言わせる前に殺すこと。もし、俺が、降参を口にする前に死んだら、あんたの負けだ。前提ルールとして自殺はなし。以上」

「…………自ら最大の地獄を選ぶとはな……」

 そう言いながらタメ息をつく示すドギー。

 空間の外から観察しているアギトが、

「認めてやる。そのルールでいこう」

 アッサリと認めたのは、想定済みだったから。
 『実力』で足りていないなら、あとは『運勝負』か『根性試し』に頼るしかない。

 『運勝負』が認められない現状だと、
 『根性試し』は、きわめてまっとうな最後の手段。

 ダギーが、本日何度目かわからないタメ息をつきながら、

「認められてしまった、か。となれば、もはや意味はないが……一応、確認しておこうか。少年、本当にいいのか? ハッキリ言うが……その選択肢は、他の何よりもつらいと思うが」

「じゃあ、教えてくれません? ほかに、可能性のあるルールってあります?」

「さぁな。ないんじゃないか? あったとしても教えてなどやらんがね。ルールを考えるのはお前の仕事で私の仕事ではないからな」

 飄々と、そんなことを言ってから、
 ダギーはアイテムボックスからバンテージを取り出して、拳に巻き付ける。

「殺せば負け……か。面倒極まりないな」

「その通り。この勝負はきわめて面倒な泥試合。というわけで、しっかり手加減してくださいね。あなたが本気になったら、俺は、サクっと死んでしまいますよ」

「もちろん、手加減するさ。殺さないように、全力で、濃密な苦痛を与え続ける。お前が降参を口にするまで、徹底的に、粛々と、永遠に、この世の地獄を与え続ける」

 そう言いってから、
 ダギーは足に力をこめた。

 シュンッと、音がして、
 気づいた時には、

「がはっ!!」

 ゲンの正面にいて、
 ゲンの腹部に拳を叩き込んでいた。

「下手に気絶させてしまうと、無駄に時間がかかって厄介……という点も面倒だな」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く