『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

62話 ワガママの代償。

 62話 ワガママの代償。

「ロコ、賭けをしよう。ワンポーカーだ。お前のエースと私のエース、どちらのカードの方が強いか」

 そこで、パチンと指をならすアギト。
 すると、
 ゲンの目の前に、アギト直属の特殊部隊のリーダー『ダギー』が出現した。

 ダギーは、自分の状況を理解すると、
 軽くタメ息をつき、『鬱陶しいことに巻き込まれた』といった顔でポリポリと頭をかく。

 ダギーは『善(い)い人間』ではないが、
 しかし、『子供を甚振って喜ぶ変態』ではないので、
 ――『五歳のガキをドツキまわせ』という命令を受けて、
 『ひゃっほい』とは当然ならない。

 思うのは一つ。
 『勘弁してくれよ』という嘆きだけ。

 ――と、そこで、ロコが、


「あたしのエースカードはソウル・フォースですわ、お兄様」


 たんたんと切り返すが、
 しかし、アギトは、

「未来のエースは、あのガキなのだろう?」

 そこで、トーンを低くして、

「エース扱いは未来限定にしてくれ……なんて言うなよ、ロコ。『この場につれてくるのは現時点でもOK』だけど『実力をはかるのは未来しかNG』……それは流石に通らないぞ」

「……」

「ワガママや横暴には代償がつきまとう。その社会摂理を……兄として、妹であるお前に教えてやるよ」

「ワガママを口にしたつもりも、横暴にふるまったつもりもありませんが……仕方ありませんね。兄の理不尽に振り回されてあげるのも妹の務め。妹としての責務を立派に勤め上げてみせましょう」

 あくまでも、被害者ヅラを崩さないロコに対し、
 アギトはまた怒りの炎を燃やしたが、
 先ほどとは違い、周囲に放出するようなマネはせず、
 自分の中にグっと抑え込み、

「あのガキとダギーでは、差がありすぎて、まともにやっては、闘いにならない……そんな事は、もちろん、わかっている。だから、一つだけ譲歩してやる」

「さすが、お兄様。お優しい」

 妹の慇懃無礼(いんぎんぶれい)に、イラっとしつつも、
 アギトは、どうにか冷静に、

「あのガキに『ルールを決める権利』をくれてやる。ただし『そのルールを認めるか否かのジャッジ』は私が下す。ゆえに『ジャンケンで勝敗を決めよう』などといった運否天賦に身を任せることは出来ない。武を交わし合うのは前提。なぜなら、『護衛としての能力』で最も重要なのは武力だから。何か異存はあるか、ロコ」

「異存なら山ほどありますが……まあ、ここは引いておいてさしあげます。やれやれ」

 『大人の対応をしている風のロコ』に対し、
 アギトの怒りは膨れ上がり続けるばかり。
 臨界点はとっくに超えて、
 今は、むしろ、自分の中に『ある種の冷たさ』まで感じているアギト。

 ゆえに、アギトは、一度、トーンを落として、



「……お前は…………何がそんなに不満なんだ……」



 本気で『意味が分からない』という顔で、

「全宮家にとって益になることは何一つせず、喜々として『家族に対するいやがらせ』を行い続けるお前に……それでも、私は、自分の領地と部隊を分け与えた」

 ――それが家族のルールだから。
 ――テラからも言われているから。
 ロコに領土を与えた理由の大半は、その二つだが、
 しかし、最終的に、
 『自分の領土と部隊をロコに分け与える』という決断をしたのはアギト自身。
 それは間違いない。

「なのに……なぜ……なにがそんなに……」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く