『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

61話 かけをしよう。

 61話 かけをしよう。

 ロコの賢さは、誰もが理解している。
 ゆえに、みな『ロコの無茶』は『途中でブレーキがかかるだろう』と予測していた。
 簡単に、一言で言えば、ここにいる全員が、ロコの異常性をナメていた。

 もう少し踏み込んだ言い方をすれば、
 みんな、どこかで、ロコを信じていた。

 血のつながった家族だから、
 『流石にそこまでは狂っていないだろう』と信じていたかった。

 ――『全宮ロコの知性が特異な領域にあること』を理解しているゆえ、
 ロコの叔母である『全宮ルル』は、ロコの行動に対して、
 兄であるテラに、こう言ったことがある。

『あの子は理知的が過ぎるわ。おそらくは、世界が歪んでみえていることでしょう。若い時分には、私にも、そういう傾向が、多少はありました。己の青さに飲み込まれて、世界がひどく穢れて見えてしまった。私にソレが来たのは、十代の中盤だった。もう子供ではなかった。だから、自分の情動にケリをつける方法もなくはなかった。【自分の全てをささげられる場所があった】というのも大きかったかもしれない。だけれど、あの子は、何も持たない【あまりにも若い時点】で、己の青さにさいなまれてしまった。閉じ込められている発情期の猫のようなもの……とでもいえば、多少は理解できますしょうでしょうか、お兄様』

『ルル、だからなんだ? 何が言いたい?』

『あまり、異端・異常あつかいはしない方がよろしいかと。その対応は、あの子の青さを加速させうる』

『……』

 ロコの異常性に対して、
 全宮家も、多少は対応しようとした。

 誰にだって感情はある。
 支配者の地位についているからといって、
 情動を失ったわけではない。

 『どうしたらいいのかわからない』

 その悩みは、王であれ、神であれ、
 大小はあれど、変わらず、常に、胸の中でうずまいているもの。

 だから、みな、ロコの『異常』に対し、
 これまでは大目に見てきた。

 非常にあやういバランス。
 だが、ギリギリ保てていたバランス。

 それが、今、ハッキリと崩れた。

 ――ロコの明確が過ぎる態度を受けて、
 アギトは、目を閉じて、

「すぅ、はぁ……」

 深呼吸をしてから、
 目を開き、

「わかった。お前がその気なら……私はもう、お前に容赦しない」

 そう宣言した。

「あら、お兄様。どうなさったの? そんなに怖い顔をして。もしかして、賞味期限切れのお菓子でも食べまして? トイレなら、あっちにありますわよ」

 あくまでも茶化していくロコに対し、
 腹を決めたアギトは、
 ゲンに対して視線を向け、

「ロコ……あのガキは『お前がそこまで言う男』だ……ためさないわけにはいかないな」

 そう言うと、
 アギトは、指をパチンとならした。
 すると、ゲンの視界がグニャリとゆがむ。

「っ」

 数秒でととのう視界。
 周囲を見渡すと、誰もいなくなっており、
 真っ白な壁で包まれた空間が広がっていた。

 ゲンは己の状況を、

(……空間系の魔法か……)

 一瞬で理解する。

 毒組の中には、空間系のスキルを使える者もそれなりにいるので、
 これが初体験というわけではない。

(さて……何をされるのかな……)

 不安寄りのドキドキ感に包まれていると、
 外でのアギトとロコの会話が聞こえてきた。


「ロコ、賭けをしよう。ワンポーカーだ。お前のエースと私のエース、どちらのカードの方が強いか」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く