『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

59話 舌戦は終わらない。

 59話 舌戦は終わらない。

「父上……いいかげん、ガツンとしかりつけなければ……あのバカは――」

 アギトの言葉を最後まで聞かず、
 テラは、

「わからないだろうな……だが、それは、この場で成すべきことではない」

「……そ、それは……そうですが……」

 委縮する。
 父の大きさに圧倒されるアギト。

「アギト、話を進めなさい。この場は、兄妹ゲンカを見守る会ではない」

「……はい」

 返事をすると、
 アギトは、

「ロコ……この件については、あとで――」

 そう言ってしめようとしたが、
 しかし、当のロコが、

「あとで? いえいえ、この場で決着をつけてしまいましょう」

 などと、場を荒らしてくる。

 ゆえに、場の空気がまたビリっとする。

「……貴様、父上の話を聞いていなかったのか?」

「当然、聞いていましたわ。むしろ、お兄様こそ、お父様のお話を聞いていらっしゃらなかったのかしら? お父様は『話を進めろ』とおっしゃった。『やめろ』ではなく、進めろとおっしゃったのですよ」

「……」

「せっかくの家族会議……この場で、皆様の前で『この件』には決着をつけておいた方が双方のためかと存じますわ、お兄様」

 そこで、アギトは、チラっとテラの顔をみた。
 全宮テラは、特に何も言わず、
 まっすぐにロコを観察している。

 アギトは、小さなタメ息をついてから、

「……では……少し時間をとって、全宮ロコに関する『問題』の全てにケリをつけるコトとしよう」

 そう言ってから、
 その視線を、グイっと方向転換し、
 ――唐突に、ゲンをにらみつけるアギト。

 突然、アギトににらみつけられて、
 ゲンは、軽くビクっとなった。
 つい、反射的に背筋を伸ばし、
 アギトと視線を合わせたり外したりと、
 挙動が若干不振になる。

 アギトは、ゲンをにらみつけたまま、

「……まずは、最初から気になっていた問題を処理しよう。ロコ……あのガキはなんだ? どういうつもりで、この神聖なる家族会議の場に連れてきた? ここはお前の『お友達』を連れてきていいような場ではない。まさか、この件も、『ウッカリ』で済ますつもりではないよな? 最初に言っておくが、この件は『可愛い天然』では済まないぞ。いや、済まさないといった方が的確か」

 明確な敵意のこもった詰問を受けたロコは、
 すまし顔で、

「彼はゲン・フォース。我が手足である毒組の局長『ソウル・フォース』の息子にして、類稀(たぐいまれ)な才能を持つ天才。いずれ、ソウルの跡を継ぎ、我が手足の根幹となる男。だからこの場に連れてきた。と、以上ですが、何か問題がありまして?」

 たんたんと、
 当たり前のことのように語るロコ。

 アギトのボルテージが上がっていく。
 ロコが語る釈明の内容など、ぶっちゃけた話、どうでもいい。
 本音を言えば、この場にガキが一人紛れていようがどうしようが、そんなことに興味はない。

 アギトをイラつかせている理由は常に一つ。
 ロコの態度がとにかく鼻につく。

「あのガキの才能の有無なんざ知ったことではないが……『現時点における警護能力』が決定的に不足しているのは事実。この家族会議の場には、それぞれが、精鋭を連れてくるのが全宮家のルール。お前はそれを愚弄した」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く