『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

51話 何かおこりそうな日。

 51話 何かおこりそうな日。


 家族会議が行われる日の空は曇天だった。
 何かが起こりそうな、不穏な空気。

 会議が行われるのはエリアB500、
 都心のど真ん中にある巨大ビル――全宮タワー。

 その日、全宮タワーは、地下から最上階まで、全体的に、ピリピリとしていた。
 周囲は、黒塗りの車で埋め尽くされており、
 近くの道は、お抱えの特殊部隊によって封鎖されていて、
 一般人は半径1キロ以内に近づくこともできない。

「めちゃめちゃ厳重ですね」

 車から降りたゲンが周囲を見渡しながらそう言うと、
 背後にいるソウルさんが、

「全宮の家族会議を襲撃するようなバカは、さすがにギルティブラッドにもいないだろう……万が一、襲ってきたとしても、全宮家にキズをつけることなど不可能だが。あの方々は存在値の格が違う」

 ハッキリ言って、全宮の血族に護衛など必要ない。
 ギルティブラッドが束になっても、
 かすり傷一つつけることも叶わない。

「我々のような『厳選された特殊部隊の面々』が一丸となっても、片手で蹴散らされる。それが、五大家の人間だ。圧倒的強者。絶対の支配者。――ゆえに、この厳重警戒は、安全面への配慮ではなく、権威の可視化……軍事力の誇示といったところ」

「誰も見ていないのに、武力を誇示しても、いささか通りが悪そうですが」

「取材班も腕利きがそろっている。事実と喧伝が重なれば、自然と浸透・波及していく。人間の社会とはそういうものだ」

「……なるほど」

 全宮タワーの中へと入り、
 エレベーターで上がること50秒。
 最上階エリアにたどり着くと、
 ピリピリ感の密度がえげつない事になっていた。

 そこは『位の高い人間』しかいない異常空間となっていた。
 全宮の血族15人が一堂に会するのは、年一の家族会議以外ではありえない。

(あれが、全宮家の一族……)

 フロアの中央を陣取り、周囲に高貴さを振りまいている集団を見つけたゲンは、当然のようにそう理解した。

 当然、その集団は、臨戦態勢ではない歓談中のため、
 見ただけでは、その実力など、さっぱりわからない。

 しかし、空気感で、ハンパなさは伝わってくる。
 特に、

(あの一番体格がいいオッサン……おそらく、あのオッサンが全宮テラ……)

 視線を向けるだけで、
 ビリビリと威圧感を感じる男。

(すごいな……今の俺では、指一本触れることすら出来そうにない空気感……)

 こめかみから、ツーっと、汗を流すゲン。

 と、そこで、
 その『体格がいいオッサン』が、チラっとこちら側に視線を向けてきた。
 その視線は、ゲンの横にいるソウルさんに向けられている。

 体格がいいオッサンは、ニっと微笑みながら、
 集団から離れ、ソウルさんに近づくと、

「よう、ひさしぶりだな、ソウル」

「久しぶりというほどでもないだろう。去年もここで会っている」

「一年会わなければ、十分、ひさしぶりだろう」

 軽やかに言葉を交わす二人を、
 ゲンはいぶかしげな眼で見ていた。

 スルスルとよどみなく会話を続ける二人。

 両者の話の流れから、
 ゲンは、その『体格がいいオッサン』が、全宮の者ではなく、
 全宮テラ直属の特殊部隊『鬼組』のリーダー『ドウレン』であることを理解する。

(こ、これだけのオーラを発している人でも……頂点じゃないどころか……特殊部隊の一人にすぎない……のか……)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く