『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

49話 家族会議。

 49話 家族会議。

「ソウルさん」

「ん、どうした、ゲン」

「そろそろ、全宮家の『家族会議』が行われる時期ですね」

「ああ、そうだな」

 家族会議は全宮の血族が一堂に会する年一の一大行事。

「毒組は、毎年、その家族会議に、ロコ様の近衛としてついていくそうですね」

「毎年といっても、ロコ様の近衛につくようになったのは、ロコ様が、エリアB775‐989の領地を任せられるようになった3年前からだが」

 三年前まで、エリアB775‐989の支配は、ロコの実兄である『全宮アギト』が任されていた。
 『支配していた』といっても、エリアB775‐989は、都心からかなり離れた辺境なので、アギトは、エリアB775‐989に対して、ほとんど干渉していなかった。
 かつ、アギトは、全宮直属特殊部隊の中でも上位である『黒組』という部隊を有しており、家族会議の際には、黒組の選抜メンバーを連れていたため、毒組の出番はなかった。

 ちなみに、全宮直属特殊部隊は、全部で20ほどあるが、
 毒組の強さは、その中でも、中の上(8番目か9番目)である。

「父上……いえ、お父様」

「はじめて父と呼んでくれたな、息子よ。実に感慨深いな。――それで、どうした?」

「俺も、その家族会議に出るワケですゆえ、マナー的なあれこれを、今のうちに教えておいていただかなければと所存する次第。無礼を働いて、ロコ様に迷惑がかかってはいけませんゆえ、手ほどきのほど、よろしゅう願いまする」

「あー……いろいろと言いたいことはあるんだが……まず、なんで『お前が家族会議に出る』という事が前提で話が進んでいるんだ?」

「そんなことは大した問題ではありません。もっと建設的な話をしましょう、我が父」

「……家族会議は、その軽い名称とは裏腹に、全宮の中枢が一堂に会して、全宮の今後について話し合う極めて重要な場……」

「説明は必要ありません。『近衛として出席する』と決まった以上、最低限の概要を把握しておくのは最低限のマナーです」

「いや、だから、なぜ、出席する気まんまんでいるのか――」

「こまけぇこたぁいいんだよ!」

 イライラとともに、ピシャリと言い放ち、

「それよりも、家族会議に着ていく服について相談があるのですが――」

「近衛として連れていけるのは、『毒組の中でも指折りの戦士』と私に認められた者であり、かつ、ロコ様の許可を得た者だけだ。お前を連れていくことは出来ない」

 ついに、バッサリと切り捨てられたゲン。
 しかし、ゲンは諦めない。
 何人(なんびと)にも、ゲンに『物事をあきらめさせること』は出来ない。

「僕の資質はすでにご理解いただけているはずです」

「ああ、お前は天才だ。それは間違いない。だが、お前は子供だ」

「子供であるか否かよりも、武の資質で判断すべき状況のはず!」

 一歩も引きさがることなく、
 グイグイとくるゲンに対し、
 ソウルさんは、一度、ため息をついて、

「お前は間違いなく天才だ。五年後には、おそらく、この私ですら超える超級の戦士になっていることだろう。が、さすがに、現時点でお前より弱い者は、毒組に一人もいない」

「実数値よりも資質で判断していただきたい! あと熱量! 見てください、この気迫を! かー、こりゃ、ハンパじゃありませんぜ、旦那。近衛に必要なのはこのギラギラとほとばしるやる気でしょう! 常識的に考えて!」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く