『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

48話 確信という願望。

 48話 確信という願望。

(ここまでに集めた情報を組み立ててみると……おそらく、ロコの目標は……『革命』……それも、部分的な変革ではなく、この世界の支配構造を丸ごとぶっ壊すような、超大規模革命……)

 言動や思想を冷静かつ真剣に考察してみると、
 『その答えにしかたどり着けないヒント』が、あまりにもありすぎた。

 ほとんど『宣言』――いや『宣戦布告』にすら思える狂気の散乱。
 だが、最後のところで、『やり切ってはいない』というところに、
 『時期をうかがっている』という虎視眈々な狡猾さが垣間見えて、
 そこからも、『冗談』ではなく、『本気』だということがうかがえる。

(もしかしたら、五大家に属する人間を『残らず皆殺し』……ぐらいのことは考えているかもしれない)

 もちろん、全宮ロコと腹を割って話しをしない限り、
 『具体的にどこまでのことを目標としているか』は不明なままだが、
 しかし、

(どこを最終地点にしているかはわからない……けど、あの女は『自身が目標としている場所にたどり着く』まで絶対に止まらない。『想定していたミッションの半分はクリアできたからもういいや』とか『ここまできたら後は講和で進めていく』……みたいな妥協は一切ない。あの女は……最後の最後まで、とことんやる。そういう目をしていた)

 ロコとは一度会っただけ。
 まともな会話も出来てはいない。
 だから、実際のところは何ひとつ理解できていない。
 理解などできるわけがない。

 ――しかし、わかる。
 ゲンにはわかる。

(あの女は狂人だ……俺と同じ……壊れた変態……)

 全て、推察にすぎない。
 確たる証拠などはない。
 あくまでも、すべて、ゲンが『そう感じた』という感覚の話でしかない。

 だが、ゲンには『その感覚』が『ズレてはいない』という確信があった。

(全宮ロコには味方が必要だ。『彼女の思想を邪魔する全てを排除できるぐらいの強い剣』がなければ……全宮ロコは、必ず、どこかでつぶされる)

 ここに関しても確信があった。
 全宮ロコの革命は、
 彼女一人だと、絶対に完遂できない。

 ――ここに関しては、確信というより『そうであってくれなければ困る』という願望に近い妄信なのだが、ゲンの無意識下の中では、やはりどうしても『確信』でしかないのだ。

 全宮ロコが、一人で全てを成すことが可能な完全なる超人で会った場合、
 ゲンは、『自分の居場所』を見失ってしまう。
 それは、ゲンにとって、決してあってはならないこと。
 だからこそ、ゲンは、自分が望む答えに引っ張られる形で、
 最終的な結論を導き出した。



(全宮ロコの革命に必要な剣に……俺はなる)



 ――仮の話をしよう。
 仮に、
 ゲンに対して、
 『なぜ、そこまでかたくなに全宮ロコの革命に手を貸そうとする?』
 と尋ねれば、
 ゲンは、迷わずにこう言うだろう。

『それは、アレだ。アレのアレ力がアレでソレだからだよ。言わなくてもわかるだろ?』と。

 ゲンは間違いなく、全宮ロコに一目ぼれした。
 しかし、おどろくべきことに、
 ゲンは、自分がロコに一目ぼれしたということに、

 ――気づいていない。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く