『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

46話 とんでもない天才。

 46話 とんでもない天才。

 『ロコによってシロアリが駆逐された事件』から数日が経過した。

 ロコと出会ってからというもの、
 ゲンは毒組のバイトとして朝から晩まで決死の覚悟で働いた。

 可能な限り現場に出て、この世界の『裏』に触れていった。
 テロリスト&凶悪犯罪者を相手にエンドレスワルツ。

 ギルティブラッドは眠らない。

 どれだけ徹底的に叩き潰しても、上級犯罪者の数は一向に減らない。
 肉体だけではなく精神的にもかなりキツい超絶激務。

 だが、ゲンは、泣き言一つ言わずに、
 必死で働き続けた。

 そして、その合間を縫って、
 ヒジカとオキから剣を学んだ。

 はじめは、二人とも、『ソウルさんに言われているから渋々』といった感じで、非常に面倒くさそうにしていたが、ゲンの『エゲつない根性』と、日に日に磨かれていく様を目の当たりにしたことで、いつしか、二人とも、全力でゲンを磨くようになっていった。

 オキとヒジカの剣は、ゲンの器になってくれた。
 そのことがキッカケとなり、
 ゲンの可能性は解放された。

 ステータスの制限解放は、まだまだ緩やかだが、
 『剣技』の解放に関しては、虹気と同じく制限がなくなったため、
 ゲンは、手に入れた努力ポイントの、ほとんどを『剣技』にぶち込んだ。

 ――その結果、
 ほんの数週間で、

 000000000000000000000000000000000000000


 《レベル》     【15】

 [HP]      【399/399】
 [MP]      【39/39】
 [スタミナ]    【29/29】

 「攻撃力」       【39】
 「魔法攻撃力」     【39】
 「防御力」       【39】
 「魔法防御力」     【39】
 「敏捷性」       【39】
 「耐性値」       【39】
 「HP再生力」     【39】
 「魔力回復力」     【39】
 「スタミナ回復速度」  【39】
 「反応速度」      【39】

 「隠しパラメータ合計値」【399】


 魔法 『拳気ランク3』『分身ランク3』『武装闘気』

 スペシャル 『虹気(クオリティ153)』

 戦闘力 『剣技(補正値52)』

 111111111111111111111111111111111111111


 ――ここまで上昇した。
 ※ ちなみに、戦闘力は、基本的に、数値化されないものだが、
   剣技に関しては『型の補正値』という形で数値化されている。
   つまり、実質的な『剣の腕前の数値』とは少し違う。


 ゲンのとてつもない成長率を受けて、
 ヒジカは、

(とんでもない天才……こいつの才能は常軌を逸している)

 そう判断した。
 実際のところ、ゲンに『才能』はない。
 魔法よりも剣の方がマシ――それが基本的なセンエースクオリティ。

 だが、ゲンの場合、数真の恩恵を受けているため、
 はた目には、とんでもない天才として映る。

 ようするには、『数真』がエゲつないチートという話。
 ――ゲンは思う。

(数真は、いうなれば『努力が絶対に報われるチート』……このチートは、俺と相性抜群。俺は、才能こそゼロだが、やろうと思えば変態的に努力が出来る狂人)

 どれだけ積んでも『努力が報われない』ということは多い。
 『努力』の『やり方』や『方向性』が間違っているという事が往々にあり、
 かつ『根本的な才能が足りなければ超えられない壁』というモノがあるから。

 そして、普通は『その壁がどのぐらい高い』のか視認できないため、
 たいていの場合、途中で心が折れてしまう。

 闇の中で手探りをして、かき集められたモノだけで、
 『自分』というものを構成しなければいけない。
 ――それが、基本的な、自分という器との接し方。

 だが、数真がある場合、全ての壁が数値として可視化されている。
 おかげでゲンは『自分には魔法の才能がないという客観的事実』を正確に理解できた。
 ※ 厳密にいうと、『センエース』の魔法的資質は、
   『オールマイティ』プラス『超大器晩成タイプ』というだけで、
   『才能がない』というわけではない。
   本当に才能がない場合、そもそも魔法を覚えることができないし、
   どれだけ努力しようと、ランクが1000に届くこともあり得ない。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く