『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

42話 出会えた。

 42話 出会えた。

「片腕であっても闘えます! まだまだ、あなた様に尽くせます!」

「尽くすだけなら、誰だって出来る。あたしが欲しいのは、使えるコマだけ」

「もちろん、理解しております! 心からの忠誠を誓うのはもちろんのこと、必ず、お役にたってみせます。ですので、どうか!」

 『どうかクビにはしないでほしい』と懇願するソウルさんに、
 全宮ロコは、
 問答無用で、

「――治癒ランク15」

 サラっと、ソウルさんの腕を治してしまった。

「……ぁ」

 ロコは、フラットな表情のままで、

「片腕よりも、両腕完備の方が、よりよく尽くせるでしょう。使うなら、キズモノの配下よりも、完全なる配下の方がいい」

 サラっとそう言ってのける。

 ソウルさんは、一度、完璧に治った腕を見つめてから、深々と頭を下げて、

「おっしゃるとおりでございます! そして! 心から感謝を!」

 全力で感謝を叫ぶソウルさん。

 五大家の中枢に座する者は、
 基本的に冷酷で、下々の者のコトなど家畜程度にしか思っていない者ばかり。

 だが、ロコは違う。
 彼女は、あらゆる意味でステージが違う。

 ――毒組に所属している者はいつも思っている。
 全宮ロコの配下でよかった、と。
 彼女の父親である『全宮テラ』や、
 彼女の実兄である『全宮アギト』は、
 絵にかいたような五大家の人間であり、
 全方位から悪い噂しか聞かない。

 だから、毒組のメンツはいつも思う。
 自分たちは幸福である、と。

「ところで、ソウル」

 そこで、ロコが、
 ソウルさんの背後にいるゲンを睨みながら、

「そこの少年……あなたの息子だけあって、それなりに武の資質は高そうだけれど、礼儀のほうはまるでなってはいないようね」

「ぇ?」

 言われて、ソウルさんは、バっと振り返って息子に視線を向けてみた。
 すると、
 ゲンは、突っ立ったまま、ボーっとした顔で、ロコの顔をジーっと見つめていた。

「これまでの会話等で、あたしが『誰か』ぐらいは理解できていると思うのだけれど……それでも、いっさい、敬意を見せてこないという、その明確な反逆の意思……あたしは、それをどう扱ったらいいのかしら。あなたの息子だから、出来れば摂関(せっかん)はしたくないのだけれど……」

 たんたんと言葉を並べるロコ。
 ソウルさんは、
 青い顔で、慌てて、
 ゲンの頭を掴み、

「いくら子供でも、ロコ様に、その態度は許されん」

 地面に押し付け、
 むりやり、平伏の姿勢をとらせる。

 ゲンは、自分を押さえつけてくるソウルさんに、全力で反抗しつつ、
 必死に顔をあげて、ロコの顔をジーっと見つめ続ける。

「おい、ゲン! ちゃんと頭を下げろ! どうした?! お前ほど賢く、空気が読める子が、どうしてっ!」

 ゲンは、そこらのワンパク坊主と違い、
 子供とは思えないほど理知的で空気が読める。

 なのに、今、この瞬間は、
 先ほどのサイコパスと同じくらい、
 ラリった目で、ロコの一挙手一投足を追い続けている。

 今、この瞬間、
 ゲンの全てが沸騰していた。

 言葉には出来ない。
 文章には出来ない。
 ただ、ただ、心と魂が思う。



(――出会えた――)



 何がどうとは言えない。
 この感情に言葉はつかえない。
 『言語』は、どの世界のどの時代であっても徹底して不完全。
 沸騰した情動は表現しきれない。

 が、しかし、
 あえて、この情動を、言葉にするとすれば、
 それすなわち、
 純然たる、
 ――『一目ぼれ』である。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く