『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

40話 俺以外、全員、エゲつないくらい強い……

 40話 俺以外、全員、エゲつないくらい強い……

「どうやら、毒が盛られていたみたいですね。僕の回復魔法ではくっつけることはできません」

「え、本当に? ……どうしよう」

「上に頼むしかありませんね。中枢の誰かなら、どうにかなるでしょう」

「……マジでか……ただでさえ、怒られるのが確定しているってのに……」

「完全に自業自得ですね」

 ゲンをつれてきていなければ、
 もう少しスマートにことを運ぶことができたはず。
 だから、これは、完全にソウルさんの自業自得。

 それを自分でも理解しているソウルさんは、

「……やれやれ……まあ、仕方ない」

 そう言って笑うしかなかった。
 柔らかく微笑んでいるソウルさんを見て、

「なに一つ仕方なくねぇよ」

 ヒジカはため息をつく。

 そんな彼らの様子を見学していたゲンは、

(……俺以外、全員……エゲつないくらい強い……)

 父の強さに感銘を受けていた。

(ルスも、オキも、ヒジカもハンパじゃなく強かった……が、ソウルさんは、その一歩上をいっている)

 技の鋭さとか、魔力やオーラの総量とか、
 そういう一つ一つが上質。

(人間の限界、武の極みとも思える完璧なムーブ……ソウルさんほどの領域に至ってなお……『全宮が所有する一組織の長』に過ぎないのか……)

 父の――ソウルさんの強さはハンパではない。
 現時点のゲンの視点だと、
 『世界最高』『人類最強』とすら思える圧倒的な力。

 はじめて『パパス』と一緒に『スライムと戦った時の記憶』を思い返せば、
 今のゲンの気持ちが少しはわかるだろうか。

(毒組は、五大家が保有する武装組織の中だと、ランク的には中の上といったところ……)

 この世界に転生して以降も、書物をたくさん読んできたので、
 世界の構造について、ゲンは、ある程度知っている。

 世界最強の特殊部隊である『クリムゾン・スターズ』の強さを仮に100点とした場合、
 毒組の点数は、20点といったところ。

 クリムゾン・スターズが群を抜いているため、
 相対的な点数をつけると、どうしても低くなってしまうが、
 全体で見た時のランク付けでいくと、中の上になる。

(毒組は、あくまでも、特殊部隊の一つに過ぎない。一般人よりは遥かに強い『超人枠』だけれど、五大家の中枢からはほど遠い。……中枢には、もっと尋常ではないバケモノが集まっている。中枢に位置する者たちは、もっと、もっと、果てしなく、えげつない……)

 五大家の血筋とは会ったことがないので、
 本当のところがどうなのかは知らないが、
 どの書物にも、五大家は別格と記されており、
 かつ、
 WEB版に登場した何人かの五大家は、
 誰もかれも、エゲつないスペックを有していた。

(俺が得た情報が全て本当なら……五大家はやべぇ……今のままでは、永遠に届く気がしない『果て』にあるような気がしてならない……)

 正直、少しナメていた。

 数真を有している自分は、今後も、これまで通りに努力を積み、順当に大人になれば、
 それだけでも、最強クラスにたどり着けるのではないだろうかと甘く考えていた。

(今のままやっていたら、この人たちに勝つことすら不可能……)



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く