『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

39話 かつて罪帝の特殊部隊隊長だった者の最後。

 39話 かつて罪帝の特殊部隊隊長だった者の最後。


「――自分に才能がないとは思わないが……才能の質で言えば、ヒジカとオキの方が私よりもはるかに上だ」

「そうなのかい?! あんたの方が上に思えるがなぁ!」

「今の私は、私の人生史上最もカッコつけているからな。本当なら、腕が飛んで死ぬほど痛かった。ここにいるのがお前と私だけなら、おそらく、泣いていただろう」

「げはははは! わかるぜ、その気持ち! なんせ、ほら! 俺も腕が飛んでるから! いたくてしゃーねー! 感覚を切れば、この痛みも消えるんだろうけど、名残惜しくて消してねぇんだ、げははは!」

「……」

 ソウルさんは、『お前みたいな変態と私を一緒にするな』といった感じの顔をしてから、

「……だが、今の私は、涙どころか、脂汗の一つも浮かべることなく、お前と対峙している。理由がわかるか?」

「さぁ。マジでわからんね」

「息子が見ているからさ」

 そう言って、
 ソウルさんは、ギュンっと、
 と、豪快に一歩先へと踏み込んだ。

 ルスの意識の内側へともぐりこみ、
 そのまま、

「豪魔斬ランク11っっ!!」

 最大の斬撃を叩き込む。
 ザグンッッ!!
 と、骨ごと持っていく豪快な音。

「がっはっ……」

 美しい横一文字。
 ルスの胴体と下半身が離れ、
 腸が弾けて飛んだ。

 グロさは感じなかった。
 どこまでも美しい剣の一幕。


「は、はは……この死に方……かっこいい……」


 最後の最後まで、

「いい死に方だ……『何もできなかった者』らしい……シンプルで……無様な……」

 変態は、変態のままであり続けた。

「反乱でも……革命でも……『復讐』でもない……私にふさわしい……バカな死に方……」

 死に包まれる中で、ルスの頭の中に走馬灯が走る。
 生まれてから今日までの、くそったれな日々。

 そして、かつての主人の顔。

 まだ幼い少女だった罪帝家歴代最高の天才少女。
 6歳やそこらで、完全院リライトに『畏れ』すら抱かせた狂人。
 彼女の『キ〇ガイみたいな笑顔』を思い出しながら、

(ヒミコ……様……あなた様は……アホのイデアなんかより……はるかに……)

 心の中で『本気の想い』をこぼしつつ、

「……美しく、狂い咲いていた……」

 最後にそう言葉を残して、
 ピクリとも動かなくなった。

 命の終わりが漂って、
 周囲がとても静かになる。

 ソウルさんは、ルスの死体から視線を外しつつ、

「おぉ……痛ぇ、痛ぇ」

 切られた腕を抑えながら、かるく悲鳴を漏らす。
 アドレナリンが切れて、痛みの信号が強くなる。

 即座に、ヒジカが腕を回収し、
 オキが、魔法で、ソウルさんの腕に治療を施す。

 ヒジカが、呆れ顔で、

「……なんで、あの程度のヤツに腕を斬られてんだ。確かに、なかなかの強者だったが……あんたなら、完封できる相手だろうが」

「いやぁ、息子が殺されると思ったら、頭に血が上ってなぁ。ははは」

「笑っている場合かよ」

 呆れているヒジカの横で、
 オキが、

「どうやら、あの変態のナイフには高ランクの毒が盛られていたみたいですね。僕の回復魔法ではくっつけることはできません」

「え、本当に? ……どうしよう」

「上に頼むしかありませんね。中枢の誰かなら、どうにかなるでしょう」

「……マジでか……ただでさえ、シロアリを一匹も助けられなくて『怒られる』のが確定しているってのに……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く