『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

33話 自分の身は自分で守らせる。

 33話 自分の身は自分で守らせる。

「報告用の数字は『5』もあれば十分でしょう。出来るだけ『無害そうなカス』だけ残して、あとのカスには死んでもらいましょう」

「5もいらねぇ。3あれば十分だ。あとは皆殺しでいこう」

 物騒な会話もほどほどに、
 シロアリのエリアB支部が設置されているビルにたどり着く一向。

 余計な被害を避けるため、
 今回出動しているのはソウルさん・ヒジカ・オキの三名のみ。
 そこにゲンが見学でついてきている形。

「さあ、ゲン。仕事の時間だ……父の背中を、しっかり見ていろよ」

 そう言いながら、ゲンと一緒に車を降りるソウルさんに、
 ヒジカが、

「おいおい、中にまで、そのガキを連れていくつもりか? さすがに、ここで待機させておけよ」

「私は『世の汚い部分を隠すこと』が親の役目だとは思っていない。それに、私は、この子の夢を応援すると決めた。だから、この子には現実を見せつける」

「……過保護なのか、スパルタなのか……イマイチ、わからなくなってきたな」

 と、そこで、オキが、

「ゲンくんは局長が守る。カス共の排除は僕と副長が担う……という事でいいのですか?」

 そう尋ねてきた。

「いや、自分の身は自分で守らせる」

 ピシャリとそう言い切ってから、
 ソウルさんは、ゲンの目を見て、

「私のそばにいれば、危険になることはそうそうないだろう。だが、現状、あのビル内は戦場。当然、気を抜けば、思わぬピンチに見舞われることがあるだろう。もし、気を抜いてピンチになったとしても、私はお前を守らない。気を抜けば死ぬ。それを念頭に置いて……ついてきなさい」

「……わかりました」


 ★


 ビルの中は、死体と血液でまみれていた。
 無意味な殺し合いの跡。

(血の匂い……戦場の香り……)

 ソウルさんの背中についていきつつ、
 そこら中に転がっている死体に目を向けるゲン。

(……死の空気……)

 全身がヒリついた。
 『本物の死』に触れて、
 心臓がドクンと脈うつ。

 と、そこで、ソウルさんが、

「まずいな……全滅しているかもしれない」

 ボソっとそう言った。

「支部長くらいは確保したかったんだが……この様子だと、もう遅いかな……」

「全滅させられていた場合……やはり、上から怒られるんですか?」

「ま、多少は、な。しかし、キチンと報告書を整えれば、それほど理不尽な叱責はくらわないさ。そこは、私の処世術次第ってところ。まあ、うまくやるさ。これまで、ずっとそうしてきた」

「ちなみに、ソウルさん……こういう『悪を守る仕事』って、結構多い感じですか?」

「いや、まあ、たまに……くらいだな。基本的には、全宮ロコ様の護衛を担当したり、テロリストから市民を守ったりするのが毒組の仕事だ。大きな災害が起きた時に出動することもある。基本的には何でも屋。もっと言えば便利屋だな」

「……なるほど」

 などと会話していると、
 柱の影から、

「――死ね、ごらぁああ!!」

 『頭がおかしい』と一目でわかるパンクなにーちゃんが飛び出してきて、
 ソウルさんに殴り掛かった。
 あまりにも唐突な出来事――しかし、

「お前に殺されてやるほど、私の命は安くない」

 ソウルさんは、
 のんびりとした口調でそう言いつつ、
 サラっと、腰の剣を抜いて、


「ぎやぁぁあああああ!!」


 パンクなにーちゃんを真っ二つに切り裂いた。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く