『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

26話 毒組の局長というポジション。

 26話 毒組の局長というポジション。

「毒組の局長という仕事は、常に危険がつきまとう修羅の道。なんせ、毒組のビジネス相手はテロリストや凶悪犯罪者。私は、大事な一人息子であるお前に『他人のために戦って死ね』などというつもりは微塵もない。むしろ、積極的に、他人を盾にして、どうにか生き残ってもらいたいとすら思っている」

(それは、あかんやろ)

「毒組は危険な仕事だ。そのことを、私は、他の誰よりも理解している。本音を言えば、お前には、違う道を進んでもらいたい。事実、昨日までは、違う道を進ませるつもりだった」

 ソウルさんは、しみじみと言う。

「毒組に入りたいと言わせないために、これまで、うちの連中とは会わせないよう注意をしてきた。ウチの連中は、強くたくましいヤツが多いから、変にあこがれを抱かせてはいけないと思っての配慮だ」

(……なるほど。家で仕事の話をまったくしなかったのは、そういう想いがあったからか)

 毒組は、クリムゾン・スターズと比べてしまうと、さすがに見劣りしてしまうが、一流の教育機関を優秀な成績で卒業し、厳しい試験を突破した強者のみで結成された組織。
 当然、全員が、そこらの一般人とは比較にならない達人であり、
 悪と戦う正義の味方として、子供たちのあこがれの的になっている。

 かなり高イメージ的に例えると、毒組は、『リアルに存在する仮面ライダーや戦隊ヒーローが所属している組織』みたいなものである。

「危険な仕事……大事な息子には絶対にやらせたくない危険なポジション。しかし、五大家の類縁を目指すというのであれば、悪くないルートだと思う」

 完全院直属の特殊部隊という位置付け。
 危険ではあるが、上り詰めることが出来ればド直球の成功者たりえる。

「危険度は高いが、その分、認められれば、大きなリターンを得られる。事実、私は、全宮の上層部とパイプがある。中枢の人間にも、顔を覚えてもらっている」

 全宮ロコの護衛を担当することも頻繁にあるので、
 当然、顔は覚えられている。

「お前が本当に、五大家の『内側』へと食い込みたいと願っているのなら、私の跡を継ぐのが最短の近道だと思っている。私の一存で、お前を毒組の局長にすることはできないが、しかし、私は現局長としての当然の権利の一つとして、任命権の一部を有している。お前が毒組に入り、成果を出し、周りに認められたその時は、迷わず、お前を後任に任命する。その時、お前は、全宮家の中枢に……一歩、近づく」

 話を聞いて、ゲンは、

(それもアリだな……)

 と、考えた。
 もちろん『可能性の一つ』――候補の一つとして『ナシではない』という程度のアリ。

(裏から食い込むか、表から食い込むか……どちらにもメリットがありデメリットがある……悩みどころ……さてさて……)

 などと、悩んでいるゲンに、
 ソウルさんは続けて、

「お前は私の息子だけあって根性がある。生まれたばかりのころはかなり未熟児で、正直、心配していたんだが、毎日、トレーニングを積んだことで、ある程度は、周りの子と大差ない程度には成長してきた。もちろん、まだまだ、貧弱な方だが、しかし、お前は努力を続ける才能を持っている。今後も、どんどん伸びていくだろう。お前には可能性がある」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く