『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

14話 闇市の出し方。

 14話 闇市の出し方。

(学校に行って、訓練所にいって、仕事をはじめて……もろもろの『生きるため』の時間を念頭にいれると……睡眠時間を削りに削ったとしても……おそらく、70~80年はかかる。晩年は、体力や集中力の低下で一日に稼げるポイント数も減ってくるだろうし……いや、それだけじゃなく、途中で病気になる可能性や、単純な寿命が80前につきるパターンもありうる……)

 起こりうる未来を想定しつつ、
 それプラス、

(そもそも、すべてのポイントを不老不死に振るために溜めていくとなると、俺のレベル、ずっと1のまま……話にならない……ずっとザコでいたりしたら、突発的な事故で死ぬリスクがすげぇ高い)

 リアルな『人生』を思い描く。

 皮算用に意味はない。
 もう少し『効率』を求めないと、『結局、不老不死をとる前に死んでしまいました』というオチになりかねないと不安になるゲン。

(スライム狩りは、あくまでも下地と考えて、もう少し効率的な稼ぎ方を模索していった方がいいな……レベルを上げて、高難度の仕事もこなせるようになりつつ……)

 そこで、ゲンは、

(あ、ていうか、他の裏技も併用すればいいんだ……)

 思いつくと、すぐに、

(確か……『闇市』を出す裏技が、かなり有益そうだったんだよなぁ……結構、手順が複雑なんだけど……うん、覚えている……英文法とかは、回数をこなさないと覚えられないけど、こういうことって、一回読むだけでも、なんか覚えてんだよなぁ)

 WEB小説で多用されていた『闇市』は『通常では売られていない希少なアイテム』が『0円』で売られていたりもする、すさまじいショップだった。

(破格アイテムで無双できるようになれば、ちまちまスライムを狩らんでも、速攻で不老不死になれるかも)

 心の中で呟きながら、
 ウキウキしつつ、ゲンは、倉庫に向かった。
 適当に中をあさり、小さなクギや筆や紙切れ等をポケットにつめて、

「これは俺のアイテムだ……」

 と、強く認識してから、
 ポケットから一つずつ取り出していき、
 14番目に取り出したアイテムを、

「セレクト、セレクト」

 などとつぶやきながら、ツンツンと、指で二回ほど押す。

 ――傍目(はため)には完全に狂人である。
 親御さんがみたら、さぞ悲しむ光景であろう。

「で……なんだっけ? えっと……あ、そうだ。エンカウントしないと」

 そう言いながら、20ミリオンスライムシステムを起動させる。
 ペイっと出てきたスライムを横目に、

「逃げまーす」

 そう言いながら、ダッシュで10メートルほど距離をとる。

 スライムからの逃走直後、
 ゲンは、その場でバーピー(ジャンプと腕立て)を三回。

 ――終始、ワケの分からん行動をとっているゲンを、
 放置されているスライムは、ニヤニヤと笑いながら見つめている。
 その視線に気づいたゲンは、

「……なに笑てんねん。こっちは真剣にやっとんねん」

 知人のモノマネをしつつ、
 意味のない文句をつぶやいてから、

「最後に、柏手を二回……」

 胸の前で、パンパンと手を鳴らす。

「確か、これで、スマホに闇市が出現するはずなんだけど……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く