『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

11話 不老不死を求めて。

 11話 不老不死を求めて。

「不老不死さえ獲得できれば、あとはいくらでも時間を使える。よって、最優先は、不老不死をとること……しかし、15億というボッタクリ的数値である以上、ダラダラ生きていたら、取れるわけがない……今のうちから、計画的に、かつ、貪欲に、努力ポイントをためていかないと、間違いなく、獲得する前に死ぬ……」

 ゲンは未来を計算する。

(努力ポイントは、俺自身のスペックが高ければ高いほど獲得しやすくなる……つまり『これから会得するポイントを全て、不老不死のために溜めておく』というのは『あきらかな愚策』ってこと……自分に対してどれだけ投資するか、どれだけ溜めていくか……その比率……その計算……)

 当然だが、
 『腕立て伏せ1万回できるゴリマッチョ』と、
 『腕立て伏せ一回出来るかどうかという幼児』では、
 『一日に獲得できる努力ポイント』に大きな差が出る。

 『努力を積む』には、まず『努力を積める土台』が必要という話。

(……『獲得できる努力ポイントの値』だけでモノを見るなら『上位モンスターを狩る』のがベスト……その中でも、最高はドラゴンハント……しかし、それが出来るようになるまでに、どれだけのポイントを必要とするか……)

 真・第一アルファに生息するドラゴンの存在値は、低くとも200。
 ギャンブル性なしで確実に倒そうと思えば、攻撃力300前後は必要。

(攻撃力を300まで上げようと思ったら……そうとう、ポイントが必要だよなぁ……そもそも『なんとかドラゴンを倒せる』くらいになったとしても『一匹を倒すのにすごく時間がかかります』ってなったら、色々と厳しい)

 人生、長く見て90年。
 15億というノルマがある現状だと、
 あまりにも短い時間に思えてならない。

 時間という縛り。
 効率という問題。

(……探して、戦って、倒して……それでようやく10万ポイント前後……みたいな感じだと話にならない。時間的な意味で積む。よって、考えるべきはコストパフォーマンス……求めるべきは、『単位時間あたりの努力ポイント』をいかに上げるか……)

 ゲンは、頭の中にある知識を総動員して、

(美味しいドラゴンを瞬時に発見できる探査能力と、即座に瞬殺できるだけの戦闘技能――が土台作りの最終目標)

 効率厨スタイルは趣味じゃないが、
 厄介な時間的制限がある以上、致し方ない。

(土台作りのプランが大事になる。人生の折り返し地点――50歳になる前には、土台作りを完成させておきたい……次々とステップアップしていく方法よりも、脳死状態で単一の鍛錬を突き詰める方が個人的には好み。それを踏まえた上で……)

 まずは、目標を設定し、前提を整える。
 そして、『どの方法でたどり着くか』を思案する。

 この時、最も大事なことは、
 『実際の最善効率』ではなく、
 『自分にとっての最善効率』を求めること。

(……土台作りのための『努力ポイントを上げる方法』……多々あるが……個人的嗜好とコストパフォーマンスの両立をさせるとなると……)

 そこで、チラっとスライムを見つめる。
 今も変わらず、ずっと、ニタニタと笑っているだけの雑魚モンスター。

「徹底的に『ここ』で積むのが……結局のところは、一番早い気がする……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く