『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

6話 そして、はじまる、P型センエース4号の異世界譚。

 6話 そして、はじまる、P型センエース4号の異世界譚。

 ドンキに向かう途中の交差点で、閃は、

(なんだ、この信号、すげぇ時間かかんなぁ……もう、普通に3分以上経ってんぞ……で、信じられねぇことに、いまだ変わる気配が一向に見られねぇ……あの信号、バグってんじゃねぇの? そうとしか思えねぇ長さだぞ……仮に、これがデフォだとしたら、この長さに設定したヤツは完全に頭がおかしい)


 あまりにも長い信号にイライラしつつ、

(まだ変わる様子がねぇ……んー、どうしよう……単語の復習でもするか? でも、今日のノルマはもう終わってるしなぁ……んー)

 などと、単語の復習をすべきか否かで悩みつつ、
 クソ長い赤信号を待っていると、
 そこで、





『『『『『……たくしたぞ……』』』』』





 空から妙な『電子声』が聞こえて、
 閃は、天を仰いだ。

「ん?」

 天を仰いでも、もちろん、そこには青い空が広がっているだけ。

(なんだ、空耳か? にしてはハッキリと『妙な電音』が聞こえたような……)

 などと思っていると、


 ――キキキキキキキィィ!!!!!!


 彼めがけて、
 トラックが突っ込んできた。


 そして始まる。
 『P型センエース4号』の、異世界転生譚。

 ★

 目覚めた時、
 彼は、違う世界で赤子になっていた。
 オギャアと生まれた瞬間、彼は意識をもっていた。
 自分が、かつて『日本で高校生をしていた閃壱番という名の男』であると完全に理解したまま、母の手に抱かれて泣いていた。

 生後反射で泣くしかない――そんな中で、
 彼は思った。

(記憶もったままの転生! きたこれ! ひゃっほい! 願わくば、ここが地球ではなく、魔法とかが使える異世界でありますように!)

 ――何を隠そう、彼は頭がおかしかった。
 異世界系のWEB小説を死ぬほど読みこんでおり、
 『異世界転生した主人公たち』に『死ぬほど嫉妬』していた彼にとって、
 この状況は願ったりかなったりだった。

 困惑したり、焦ったり、元の世界に帰りたいと思うことなどは皆無。
 彼は、心底、転生したことを喜んでいた。

 そして、この世界は、彼が願った通り、
 剣と魔法のファンタジー異世界だった。

 モンスターが存在し、文明は妙な方向に発達している、
 ――そういう、奇妙な異世界。


 彼が、新たな両親から与えられた新たな名前は『ゲン』。
 『ゲン・フォース』――それが、彼の名前。


 ゲンは、元気にスクスク育ち、
 あらかた『一人で出来るもん』な年になり、
 書物や新聞を読みこんだ結果、

(間違いなく、ここは『真・第一アルファ』だな……)

 という確信に至った。
 『完全院』や『全宮』といった厨二力の高い名前の支配層に征服されている世界。
 ABCDEという5つのエリアに分かれた巨大な大陸。

 ※ ちなみに、ゲンは、『全宮家の支配領域』である『エリアB』に生まれた。

(死ぬ直前に読んだWEB小説の舞台『真・第一アルファ』……これが『偶然だ』とは思えない……が、偶然ではないのなら、これはいったいどういうことなのか……小説の世界が現実化した? それとも、あの小説は、この世界を描いた? ……んー、わからん……)



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く