『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

3話 奇異がすぎる反町。

 3話 奇異がすぎる反町。

 閃が、

(真・第一アルファの続き……履歴を見る感じだと、毎週土曜日の朝に次話を投稿している感じだな……いいねぇ。毎週投稿は非常に好感が持てるねぇ)

 などと、心の中でつぶやいていると、
 隣の席の『反町(そるまち)』が、

「なあ、閃。今日、みんなとカラオケいくんだけど、お前もいく?」

 その発言に対し、
 閃は、まっすぐな視線で、

「非常に魅力的な申し出だ。ゆえに、いきたくないと言えばうそになる――なんてね♪」

 お茶目な顔でそう言う閃に、
 反町は、

「……違うなぁ」

 と、渋い顔で、首をかしげながら、ボソっと、そうつぶやいた。

「……ぁ? 違う? 何が?」

 閃が抱いた当然の疑問。
 だが、閃の疑問など完全にシカト状態で、
 反町は、こめかみを右手で抱えて、ぶつぶつと、

「そうじゃないんだよなぁ……そこでのセリフは『いくわけねぇだろ。俺をナメんな』なんだよなぁ」

「……何、言ってんだ、お前。大丈夫か? ……寝言は、出来るだけ、寝ている時に言った方がいいぞ。人格とか精神状態とか、いろいろと疑われるから」

 心配そうな顔をしている閃に、
 反町は、

「仕切り直しだ。テイク2。次はうまく決めろよ、閃」

「なにを?」

 けげんな顔をしている閃に、

「なあ、閃。今日、みんなとカラオケいくんだけど、お前もいく?」

「おいおい、無限ループに入っちゃったよ……マジで、鬼怖いんですけど……なに、これ? どういう状況? 世にも奇妙なタイプのアレ?」

 などと、ドン引きしている閃に対し、
 反町は、しぶい顔で、
 天を仰ぎ、

「ちっ……話にならんな……」

 と、かなり大きめの舌打ち交じりに吐き捨てる。

「反町、お前だ。話にならないのは、一から十まで、完全にお前だ」

「……もろもろズレすぎなんだけどなぁ……でもなぁ……」

 閃の『当然の切り返し』など耳にも入っていない様子の反町は、

「時間もないし……仕方がない。閃……いったん、ここまでの流れはリセットだ。シーンBに行く」

「……どこにでも好きに逝(い)ってくれ」

 そう言って、教室を出ていこうとする閃の腕をつかみ、
 反町は、

「閃! いいか、耳をかっぽじって、よく聞け! 俺は……俺はお前の孤高力を全力でナメている!」

 と、なんの脈絡もなく、そんなことを言い出した。
 本当に、何がしたいのかサッパリ不明。
 ゆえに、当然のように、閃は、渋い顔で、

「……どうした? もしかして、薬でもやってんのか? やめとけよ、薬は怖いぞぉ」

「お前が言うな!」

「……真剣な顔で、妙なことを口走るんじゃねぇ。この状況を『俺について知らんヤツ』が見たら、マジで俺が薬をやっていると勘違いしそうな勢いじゃねぇか」

 困惑に困惑が重なっていく閃。
 そんな閃の態度を受けて、反町は、

「くそっ……ダメだ! こいつ、マジでダメだ! はやくなんとかしないと!」

 あまっている手で頭を抱えて、さらにワケのわからんことをほざく。

 当然、閃は、苦い顔で、

「もう……マジで、これ、どういう状況? お前は、俺に、どうしてほしいんだよ。さっぱり見えてこねぇ。つぅか、マジで、腕、離してくんない? ほんと、普通に怖いんだけど。俺、もう帰りたいんだって。39分の電車に乗りたくて仕方ない感じのアレなの」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く