『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

最終回 ゴミスは死んだ。

 最終回 ゴミスは死んだ。

(仮に『神とは何か』という疑問の答えを『言葉』で得たとして……それがいったい、なんだというのか……)

 ゴミスはこれまで、
 『形而上的な神の存在』を『理解しよう』などと思ったことがない。

 『目の前にある世界』と『その物理的な支配者』さえ理解していれば、それでオールオッケーだった。
 『決して満たされない世界でもがく』――それが、これまでのゴミスにとっての全てだった。

 ――だが変わる。
 今日から彼は……
 ゴミスは、

「ぅ……ぐ……」

 ボロボロで、血だらけで、息も絶え絶えで、
 けれど、それでも、

「……ゼノリカの薔薇……エキドナール・ドナ……様……」

 どうにか、片膝をつき、
 服従と忠誠の意を示し、

「俺を……あなた様の……剣にしていただきたく存じます……」

 ゴミスの中で起きた革命。
 それは、精神支配や洗脳などというしょっぱい改変ではなく、
 正式な『魂魄の手続き』を経た、
 心の変革。

 エキドナール・ドナという途方もない高みを知ったことで、
 全身の細胞が、心からの服従を望んだ。

 『それ以外は何もいらない』とすら思える衝動。

 これまでのゴミスは死んだ。
 まっさらに生まれ変わり、
 彼は、敬虔なるエキドナール・ドナの信者となった。

「受け入れよう。貴様にはその価値がある」

「……もったいない……お言葉……っ!」

 歓喜に包まれる。
 ゴミスの全てが満たされていく。
 涙があふれ、心が震えた。

「最初にハッキリと言っておく。自分が優れているから認められた――などという、しょうもない勘違いはするな。貴様の能力自体には、さほど価値はない。ゼノリカには、貴様と同等かそれ以上の者が数百単位で存在する」

「……っ」

 いまさら、ドナの言葉に疑いを持ったりはしない。
 しかし、ゴミスは、むしろだからこそ、心底から驚嘆した。

(俺と同等かそれ以上が……数百……)

 反射的に『そんなバカな』という想いが湧いてくるものの、
 ドナに心酔している魂が、その手の疑念を封殺してしまう。

(……ゼノリカ……ドナ様の組織……なんという、とてつもなさ……)

 なぜ、それほどの強大な組織がこれまで無名だったのか、
 と、さすがに疑念がわいてくるが、

(その辺は……おいおい理解していけばいいだけの話……)

 自分は、すでに『剣となること』を認められている。
 細かな理解は後でかまわない。


(俺は幸運だ……本物の高みに、出会えた……)


 歓喜が止まらない。
 出会えたと思えた。

 これまで『渇き』しか知らなかった心の器が、暖かな雫で満たされていく。
 何をしても満たされなかった魂魄がシンシンと温まっていく。

 ――こうして、ゴミスは、ドナの配下となった。
 何があろうと、決して裏切らない剣。

 そんな便利な剣に背を向けて、
 ドナは、

(主を煩わすなど、言語道断……使える道具は、全て回収し、使えないゴミはきれいに掃除する。さっさとこの世界を隅々まで捜索し、この『くだらない世界』に『裏ダンジョン・ゼノリカを縛っている鎖』を破壊する)

 どこまでもまっすぐな目で、
 世界をにらみつけていた。

 ドナの思考形態は、どんな時でも変わらない。
 ゼノリカに対するヤンデレ。
 つまりは、
 絶対的、神の狂信者。

(主を害するものを……その可能性を……私は許さない……)

 ゼノリカの穢れを払う闇の薔薇。
 九華十傑の第十席・序列三位エキドナール・ドナ。

 彼女のヤンデレは、とどまることを知らない。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く