『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

90話 当然だ、ナメるなよ。

 90話 当然だ、ナメるなよ。

『ゲヘヘ……精神ト外見ダケジャナク……ツイニハ声帯モイカレテキタナ……震エルゼ……イッソ、スガスガシイ』

 神は――


『……ヤッタゾ……一匹ヲ殺ス時間……最高記録更新……流石、俺……カッコ良スギダゼ、ヒャッハァ』


 ――神は!





『忘レルナ……コレガ……絶望ノ殺シ方ダ……』





 ドナは忘れない。
 神の成した全てが、その心に刻み込まれている。

 ドナは思う。
 『破格のチート』を持つから神なのではない。
 『最強の神』だからセンエースを敬愛しているのではない。

 『センエース以上に尊い存在などいない』と心と魂が知っているから――だから、ドナは『ゼノリカの穢れを払う薔薇』であり続けているのだ。

 高次の暖かさの中で、
 ドナは、ゆっくりと天を仰いだ。
 息を吐いて吸う。
 ドナの中で、すべてが満たされていく。

 全身を包み込む暖かさの余韻をかみしめながら、
 ドナは、





「――少しは見えたか?」





 ボロボロで地にふすゴミスに、
 そう声をかけた。

 ゴミスは、
 息も絶え絶えで、
 目も開けられず、
 しゃべることもロクに出来そうもない状態で、
 しかし、

「……なにも……見えては……いません」

 なんとか、そう答えた。
 死にそうで、けど、まったく死ねない――そんな途方もない地獄の底で、
 ゴミスは、ドナに、最大級の敬意を示す。

「も、もうしわけ……ありません……己の不出来を……心から……謝罪します……」

 『敬語を使っているから』とか、そういうことではない。
 とめどなく心の底からあふれ出る敬意が、言葉に現れている。

 それだけの話。
 だから、ドナは、

「当然だ、ナメるなよ、私の神を」

 真摯な対応を施した。
 『本気の言葉』で対峙する。
 決して、ケムにまこうとしているワケでも、
 テキトーな言葉でごまかそうとしているワケでもない。

 見下しているとか、ナメているとか、
 そういうマイナスが一切乗っていない全力メッセージ。

 『この上なく尊き神の配下エキドナール・ドナ』として、
 彼女は、ゴミスと真正面から向き合う。

「私の想いに触れたくらいで理解できるほど、神は安くない。神は遥かなる高みにおられる」

 ドナの『想いと言葉』に触れたことで、
 『ゴミスの中』に渦巻いていた疑念が霧散した。

 『神とは?』――という、その安っぽい疑問に対して、
 『どうでもいい』という当然の帰結にいたった。

 『神とは何か』――その疑問に『意味はない』という高次理解。
 『そんなこと』はどうでもいいのだ。

 問題は、そういうことではなく……

(仮に『神とは何か』という疑問の答えを『言葉』で得たとして……それがいったい、なんだというのか……)

 ゴミスはバカではない。
 むしろ、賢い方の部類に入る。

 だからこそ、これまでは、
 『形而上的な神の存在』を『理解しよう』などとは思ったことがない。

 『目の前にある世界』と『その物理的な支配者』さえ理解していれば、それでオールオッケーだった。
 『決して満たされない世界でもがく』――それが、これまでのゴミスにとっての全てだった。

 しかし――

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く