『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

88話 センエースが望んだもの。

 88話 センエースが望んだもの。


『……セン……様……あなたは……どうして……いつも……』



『どうして、か。なんでだろうな……『俺にしか出来ない事だから』……なんて言葉は正確じゃないな……んー、マジでなんでだろう……いや、ほんと、なんでなんだろうなぁ……わかんねぇ……いや、本当はわかっている』


 狂おしいほど暖かい。
 神の尊さは『その強大な存在値』ではなく、その一歩奥にある。

『あんまり言いたくないけど……でも……そうだな……』

 照れくさそうに、微笑みながら、

『きっと、たぶん……【愛してくれたから】だろうな』

 センは、ドナの目を見つめて、

『俺は孤独主義者のサイコパスだけど、愛されたくないワケじゃない。俺が欲しいモノは確かにあった。死んでも守りたいもの、たとえ他の全てを無くしても、それだけは失いたくないってもの……けど、それは、俺が望んだからって手に入るものじゃなかった。どれだけ努力しようが、どれだけ命をかけようが……俺一人だけでは絶対に手に入れられないものだった』

 消え入りそうな声だったが、
 しかし、ハッキリと、ドナの耳に届いた。

『これまで、俺は、事実、自分勝手に生きてきた。やりたいことをやってきた。俺は間違いなく気味の悪いサイコパス。常人には理解できない変態野郎。他者の理解なんて得られるわけがない狂人。そんな俺を……お前たちは愛してくれた。俺の無茶な願いをかなえようと努力してくれた』

 『神の願い』は、不条理の抹殺。
 努力が報われる世界。
 理不尽な悪を殲滅した未来。
 誰もが輝く明日を想える魂の理想郷。


『この幸運と幸福を……俺は、どうしても、失いたくない』


 心に『正しさ』を内包する者であれば、誰もが望む理想の世界。
 しかし、あまりにも難易度が高すぎるため、誰も本気では望めない理想。

 神は、そんな『無謀が過ぎる理想』を、
 『大勢の命』の代わりに望んでくれた。

 『弱い命』の代わりに、
 誰よりも狂気を積んで、
 『イカれた理想』を実現しようと闘い続けてくれた。


 『大勢の愛に応えて理想を背負ってくれた』
 などと飾れば、表面上の言葉はキレイに処理されるけれど、
 実際のところは『無茶な願望を押し付けた』だけ。
 結局のところは、おんぶにだっこ。
 それだけ――なのに、
 神は、まっすぐに前を向いて、

『だから、俺は最後まで戦うと決めた。借りっぱなしは趣味じゃないから。――返報性の原理がどうとか、純粋理性的にどうとか、そういう込み入った話じゃない。借りたら返す。それだけの話。……つまり、俺が闘う理由は【俺にしか出来ない事だから】ではなく……【これ】は【俺がやるべき事だから】――そんだけ』

 『誰にもマネできない偉業』の裏には、
 無数の『誰にもマネできない輝き』が隠されている。


 ――だから、ドナは、聖典が嫌いだった。


 どれも、神の『表面上の美しさ』ばかりをなぞっていて、
 神の『本当の美しさ』はまったく描けていないから。

 神の尊さとは、
 『最強の存在値』とか、
 『無敵の戦闘力』とか、
 『なぎ倒してきた敵の数』だとか、
 ――そんな『安っぽい数値』じゃない。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く