『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

87話 本当はわかっている。

 87話 本当はわかっている。

『……幸福だった……幸運だった……あなたの配下になれたこと……あなたに尽くせたこと……すべて、すべて……だから……』


 ゼノリカを有する第2~第9アルファの未来は輝いている。
 心に正しさを持つ者であれば誰もが望むであろう、
 ――『完全で完璧な世界』にたどり着ける。

 確信できた。
 疑いようのない未来。
 だから、絶対に失いたくない。


『あなたは、私に与えてくれた……この暖かさ……この想い……命の意味を、あなたは私に教えてくれた……』


 失いたくないから、
 だから、必死になって戦った。
 大事な大事な王を壊してでも、
 絶対に守りたいと願い、
 この絶望に、この運命に抗った!

 ――けれど、もう無理。
 壊れ果てたセンの姿を目の当たりにし続けた結果、
 ついには、ドナの心も壊れてしまった。
 『絶望』なんかよりも、
 よっぽど重たい『センエースの献身』が、
 ドナの心を砕いてしまったのだ。

『今日まで、あなたの剣として働くことができた……その誇りを胸に死ぬことができる。それは、とても幸せなこと……感謝しております。あなたは理想の王。本物の……英雄だった』

 これ以上の王はいない。
 これ以上の英雄はいない。
 本気で思った。
 本気で思ったからこそ、

『……もう、十分……十分すぎるほど……あなたは私たちのために戦ってくれました……だから……だから、もう……』

 ――お願いだから、もうそれ以上、壊れないで――

 悲痛な悲鳴。
 苦しくてたまらない。
 ――そんな慟哭。

 すがりつくように『あきらめてほしい』と懇願されたセンは、

『その評価はありがたいねぇ。お前ほどの女にそこまで評価される男はそういないだろう。誇らしいねぇ。俺って、実は、かなりの【いい男】だったんだな』

 しかし、

『けどなぁ、ドナ。本音をぶっちゃけると……お前の【評価】や【願い】なんざ、知ったこっちゃないんだよ』

 当たり前の『弱さ』に背を向けて、
 まっすぐに、絶望と向き合って、

『俺はいつだって、自分がやりたいことをやるだけさ……あのデカい虫どもは、いい経験値だ。望んで探してもそうそう見つからない、俺を磨く肥料。そして、ドナ。お前らは、俺の訓練を補助する道具。現状ってのは、結局のところ、それだけの話なのさ』

 ドナはいつも思う。
 ――王の演技は下手すぎる。
 ――これで、他人を本気で騙せると思っているところが救えない。

『だから、俺を壊していることなんて、気にするな。これは、俺が望んでいること。……それだけでしかない。……くくっ、ボロボロになることを自ら望むとは……とんだドM野郎だぜ。センエースって男が重度の変態だってことは知っていたが、まさか、これほどの高次ステージに立っているとは思っていなかった。笑える話だ』

 いつだってそう。
 どんな時だって、
 決して『ピエロ(ヒーロー)』の仮面を脱がずに笑ってみせた。

『……セン……様……あなたは……どうして……いつも……』



『どうして、か。なんでだろうな……『俺にしか出来ない事だから』……なんて言葉は正確じゃないな……んー、マジでなんでだろう……いや、ほんと、なんでなんだろうなぁ……わかんねぇ……いや、本当はわかっている』


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く